ミスコミュニケーションを防いで相手に賛成してもらうための4ステップ

yes
男のつぶやき
ちゃんと伝えているつもりなのに納得して賛成してもらえない…

そういった悩みをお持ちではないですか?

上司が部下に指示を出したけれども、ミスが多かったり、なかなか実行されない場合、ミスコミュニケーションが起きています。

そこでこの記事では、ミスコミュニケーションを起こさずに相手に賛成してもらためのステップについて書きます。

具体的には次の順番にご紹介していきます。

  • 賛成を得るための4ステップ
  • 相手からの賛成を得るには?

2分くらいで読めるので、相手から賛成(同意)が得られない悩みをお持ちの方は、まずはご一読を!

賛成してもらうためのステップ

握手

相手から賛成を得るための4ステップ

賛成してもらうためには次の4つのステップを踏む必要があります。

  1. こっちが言った ≠ 聞いてもらえた
  2. 聞いてもらえた ≠ 聴いてもらえた
  3. 聴いてもらえた ≠ 理解してもらえた
  4. 理解してもらえた ≠ 賛成してもらえた

それぞれ見ていきましょう。

1.こっちが言った ≠ 聞いてもらえた

こっちが言ったからといって、相手が聞いてくれているとは限りません。

例えば、パーティー会場のような周りがうるさい場所や、忙しく動き回っているときに相手に伝えても、言葉が相手に届いているかわからないですよね。

最初のステップとして、ちゃんと相手に言葉を届けるところから始まります。

2.聞いてもらえた ≠ 聴いてもらえた

聞いてくれたからといって、それがちゃんと聴いてくれているかというとそういうわけでもないです。

相手が上の空でボーッとしているときなど、言葉は相手に届いていても、ちゃんと聞く姿勢が整っていないと、結局言葉が届いてはいませんよね。

相手が聞く準備が整ったら、このステップクリアとなります。

3.聴いてもらえた ≠ 理解してもらえた

聴いてもらえたらといって、理解してもらえたと思うのは早とちりです。

新入社員を指導するときなど、相手に説明したつもりが、知識が足りなかったりして理解してもらえないといったことはよくあることです。

ちゃんと相手が聞く姿勢が整ったうえで伝えて、その内容を相手が理解してるかどうかになります。

4.理解してもらえた ≠ 賛成してもらえた

理解してもらえたからといって、賛成してもらえるわけではありません。

相手がちゃんと理解したからといって全て賛成してもらえるなんていうことはないですよね。

相手の主義主張もありますし、伝えた内容の妥当性も相手は考えるので、理解してもらったうえで、賛成してもらう必要があります。

コミュニケーションはお互いの協力が必要

打ち合わせ

相手から賛成が得られない場合は、上記の4ステップのうちのどれかが欠けているわけですね。

これからわかるように、相手に賛成してもらうにはお互いの協力が必要になります。

上司と部下のミスコミュニケーションが起きている場合は、4ステップのどれかを踏んでいないということ。

伝えたつもりが「そんな指示聞いてないですよ…」となったり、理解してないのに理解したように振る舞ってしまったり。

相手に賛成して、期待通りの行動をしてもらうためには、この4つのステップが必要になってきます。

まとめ:丁寧に伝えることで賛成が得られる

この記事では次のことを書きました。

  • こっちが言った ≠ 聞いてもらえた
  • 聞いてもらえた ≠ 聴いてもらえた
  • 聴いてもらえた ≠ 理解してもらえた
  • 理解してもらえた ≠ 賛成してもらえた
  • 賛成を得るにはお互いの協力が必要。

指示を出したのに部下のミスが多かったり、賛成がなかなか得られないとすれば、4ステップのどれかが抜け落ちている可能性が高いので、参考にしてみてください。

人気記事 圧倒的な自分の才能(強み)の見つけ方。

人気記事 転職すると年収は下がるのか?自分の価値を診断してみる。

スポンサーリンク