普段の買い物での支払いは?還元率の高い方法でチリツモ長者

カード

普段買い物するときの支払い方法にも色々ありますよね。

一昔前までは現金払いが普通でしたが、クレカや電子マネーなどの支払い方法によって還元率も変わってくるので、今では利用されている人も多いのではないでしょうか。

数%の還元率も、日々の生活で使っているとチリツモでどんどん貯まっていきます。

そこで今回は、色々試行錯誤してたどり着いた、私の支払い方法をご紹介します。

3%以上の還元率なので、3%未満の方は、まずはご一読を!

方法1.LINE Pay(コード支払いで還元率3.5%以上)

LINEPay

最近、存在感が大きくなってきたLINE Pay。

LINEアプリを使って送金もできるので、飲み会などの割り勘に使っている人も多いのではないでしょうか。

LINE Payのコード支払いを使ってお会計をすると、次の表のような還元率になります。

LINEPay還元率
《グリーン》決済金額 : 10万円/月
《ブルー》決済金額 : 5万円~9万9,999円/月
《レッド》決済金額 : 1万円~4万9,999円/月
《ホワイト》決済金額 : 0円~9,999円/月

月々の決済金額によって還元率は変わってくるのですが、最低でも3.5%の還元率があるのはお得ですね。

この還元率は2019年7月31日までなので、それ以降は還元率が落ちてしまうかもしれませんが、それまではお得に使えます。

ローソンやファミマなどのコンビニやスタバで使えるので、割と使えるお店は多い印象です。

⇒LINE Payが使えるお店をもっと見る

方法2.Kyash(実質還元率3%以上)

kyash

知っているとお得なのがKyashというサービス。

Visaカードとして使えるプリペイド式のカードなので、Visaが使えるお店であれば問題なく使えます。

Kyashのすごいところは、クレジットカードを使ってのオートチャージができること。

私の場合、楽天カードを普段使っているので、Kyashを使って決済すると楽天カードから自動で引き落とされるようになっています。

その結果、Kyashの還元率2%に加えて、楽天カードの還元率1%なので、合わせて3%の還元率ということですね。

1回の決済金額の上限が5万円なので、高額の買い物には使えませんが、日常の決済には有効活用できます。

LINE PayとKyashの使い分けでチリツモ長者

上記2つの方法を使えば、還元率3%以上を実現できます。

現金払いに比べたらはるかにお得ですね。

普段は還元率3.5%(決済金額によっては最大5%)のLINE Payのコード支払いで決済がオススメです。

ただ、セブンイレブンなどではLINE Payが使えなかったりと、利用できるお店に限界がるのが残念なところ。

そういった場合には、Visaと提携しているお店で使えるKyashを使って3%の還元をもらうといった感じです。

Visaが使えないお店はあまりないので、日常生活での買い物はLINE PayとKyashを使って高還元率が実現できるわけですね。

まとめ:

この記事では次のことを書きました。

  • LINE Payのコード支払いで還元率3.5%以上(最大5%)
  • Kyash+楽天カードなどのクレカのオートチャージで実質還元率3%
  • LINE Payが使えるお店では、還元率の高いLINE Payで決済。
  • LINE Payが使えないお店では、Visaとして使えるKyashで決済。

日頃から何かしらの買い物をしていると思うので、できるだけ還元率の高い支払い方法を選択したいところですよね。

間もなく消費税もさらに上がりますし、できるだけ賢く買い物したいところです。

スポンサーリンク