集中力を<下げたい>ときに誰でも簡単に実践できるオススメの方法




この記事では、「集中力を下げたいときに誰でも簡単に実践できるオススメの方法をご紹介します。

集中力を上げる方法について取り沙汰されることは多いですが、下げる方法はなかなか聞かないですよね。

普段の生活の中で簡単にできることとして、「満足するまで食べる」といった方法があります。

満腹感を得られるばかりではなく、他にも得られる副産物をご紹介します。

集中力を低下させることは意外と簡単

いくつかある中から割と簡単に実践できる方法として「お腹を満たす」ことが上げられます。

欲望のまま満腹になるまで食べることがポイントです。

満腹になるまで食べると①オレキシンの分泌量の低下②副交感神経の優位化により眠気に襲われます。

①オレキシンの分泌量の低下
オレキシンは強い覚醒作用を持っており、空腹時に食べ物を積極的に得るために分泌されます。

食欲が満たされるとオレキシンが分泌されなくなり覚醒作用も失われ、結果として眠くなります。

②副交感神経の優位化
胃腸の働きを支配している副交感神経が優位になり、胃腸の働きが活発になります。

そして、副交感神経が働くことで睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンが分泌され、眠くなります。

眠気とともに得られる副産物?

満腹まで食べることで3つの副産物があります。

1.生産性の低下

睡眠圧が高まるため、ランチのあとであれば生産性を著しく下げることができます。

2.短命化

東海大学医学部の橋本一男教授らで行われた研究によると、食べ放題にしたマウスと食事の量を80%に制限したマウスとでは、食事制限したマウスのほうが1.6倍以上に平均寿命が延びたことが報告されています。

人間に対しても同様の傾向性があると考えられるため、寿命を短くすることができます。

3.肥満化

日本の成人が食事からの総エネルギー摂取量は、平均すると1日当たり2,000kcal前後です。

満腹まで食べると2,000kcalを越えることになるので、肥満体型になることができます。

まとめ

この記事では、「集中力を下げたいときに誰でも簡単に実践できるオススメの方法をご紹介しました。

満腹まで食べて一時的な満腹感を味わってもデメリットが大きいですよね。

「1.生産性の低下」が短期的にわかりやすいところですが、「2.短命化」と「3.肥満化」も時間の経過とともに表面化してきます。

腹八分目」。

仕事ができるから体が引き締まっているわけではなく、体が引き締まっているからから仕事ができるのです。

食べ過ぎに注意して、コンディションを整えて質の高いせいか

スポンサードリンク








夢のティッピングポイント

大人たちそれぞれが日本の元気に!
夢をもってカッコよく生きることの提案。
マツモトダイスケが描く未来


コメントを残す