喧嘩をしたときに関係を速やかに回復する3つのコツ

意見の対立
男のつぶやき
喧嘩しちゃった…なんか気まずい…

生活していたら何かしら衝突して気まずい雰囲気になることがあると思います。

仲直りしたいけどモヤモヤしてる状態。

そこでこの記事では、喧嘩をしたときに関係を速やかに回復する3つのコツを紹介します。

自己正当化しない

喧嘩をしたときは自分が正しくて相手が間違っていると思いがちです。

「どうして〇〇なんだろう…」

けれどもどんなに相手が悪いことをしたとしても、相手にも主張があります。

それは犯罪を犯した人でさえも自分が正しいと思っていることがあるように、自己正当化する癖が人にはあるんですね。

漫画『双星の陰陽師』のセリフを引用すると…

正義の逆は”悪”ではなくもう一方の”正義”

引用:双星の陰陽師

戦争をする二国間でも、自国に主張はありますが、相手国にも同じように相手が主張する正義があるわけです。

喧嘩したときも、相手の主張が理不尽に思えるときがあると思いますが、同じように相手も自分のことを理不尽に思っているんでしょう。

長引かせない

喧嘩したときはできるだけ早く関係改善するように歩み寄ることが大切です。

時間が解決してくれることは確かにありますが、下手に放置することでどんどん関係が悪化することがあります。

早期対応すれば関係改善できたものが、長期化することで泥沼化することも。

気まずい雰囲気をずっと引きずるのも大変ですしね。

いくら自分が正しいと思っていても自己正当化せずに関係修復を目的にコミュニケーションを取ったほうがいいでしょう。

反省会をする

仲直りをしてコミュニケーションを取れるようになったら、反省会はしておいたほうがいいです。

喧嘩の理由と自分の気持と相手にどうして欲しかったのか。

喧嘩の大半は単なるコミュニケーションのギャップによって起こるので、ギャップをちゃんと埋めておくと案外笑えるぐらいに誤解だったということもあります。

同じような理由でまた喧嘩しないためにも必ず喧嘩の後には反省会をしておくのがオススメです。

まとめ

この記事では、喧嘩をしたときに関係を速やかに回復する3つのコツを紹介しました。

喧嘩をしたとき、多くの場合は自分のほうが正しいと思いがちですが、それは相手も同じです。

自分が正しいことを相手にわからせようとするのではなく、関係修復を目的にしたほうがスンナリ解決することができます。

喧嘩を繰り返しているうちに、自分から相手に歩み寄って許す姿勢がお互いに芽生えてきたら一番ですね。

スポンサーリンク