これで三日坊主は卒業!!継続するコツはマイクロシフトにあった。

マラソン
男のつぶやき
いざ取り組んでみても、三日坊主になることが多くて…

そういった悩みをお持ちではありませんか?

続けたほうがいいとわかっていても、なかなか困難なのが継続すること。

そこでこの記事では、三日坊主にならないための継続のコツとしてマイクロシフトをご紹介します。

2分くらいで読めるので、三日坊主になりがちな方は、まずはご一読を!

大きな変化を脳は好まない

筋トレ

人間の脳は大きな変化を嫌うといった性質を持っています。

普段どおりのことは予想がつくのでストレスがかからないのですが、大きな変化が発生した場合に、自分が把握できない状況に陥ってしまう可能性が高いのでストレスを感じてしまうわけです。

例えば、転職といったように、大きな変化が発生する場合を考えてみましょう。

今までと同じ職場に通勤するときはストレスがなかったのに、全く知らない新しい職場に初出社するときはストレスがかかりますよね。

元の職場は勝手知ったる場所でしたが、新しい職場は雰囲気も人間関係もこれから上手くやっていけるかなども把握できていないため、不安を感じるわけです。

大きな変化には、脳がストレスを感じてしまって、極力その状況を避けようとするわけです。

マイクロシフトで脳の抵抗をくぐり抜ける

少年

大きな変化を脳は嫌うという性質があります。

三日坊主になってしまう場合の多くは、大きな変化を求めてしまうことにあります。

例えば、ランニングの習慣を持ちたいといった場合を考えてみましょう。

一番最初が一番張り切っているので、「これから毎日10kmのランニングする」といったような大きな目標を立ててしまいます。

これは明らかに大きな変化なので、脳からすると大きなストレス。

一日目はテンションが上っているので乗り切ることができますが、二日目以降はストレス回避の方向に動こうとするので、ランニングが続かなくなってしまうわけです。

そこで、継続するためにはマイクロシフト(小さな変化)が効果的になります。

つまりは、脳がストレスと感じないぐらい小さな変化から始めるということですね。

「一週間に一回、1キロのランニングをする」といったような、小さな変化から始めると継続しやすくなります。

ポイントは、自分が物足りないと感じるぐらいの小さな変化ぐらいから始めるということです。

小さな変化だと今度/は物足りなく感じるので、もっと走りたいといった欲求が強くなることもあって、モチベーションが維持しやすいといった効果もあります。

まとめ:マイクロシフトが継続のコツ

この記事では次のことを書きました。

  • 大きな変化を脳は嫌うので、意気込んで大きな目標を立てると挫折しやすい。
  • 脳がストレスを感じないぐらい小さな変化(マイクロシフト)から始めると続きやすくなる。
  • 最初は物足りないぐらいから始めるのがポイント。

何事も継続することで大きな成果が得られます。

そのためにも、マイクロシフト(小さな変化)から始めて、徐々に大きくしていくことが継続のコツになるわけです。

人気記事 圧倒的な自分の才能(強み)の見つけ方。

人気記事 転職すると年収は下がるのか?自分の価値を診断してみる。

スポンサーリンク