断捨離したいから。それが定期的に引っ越しをする理由。




この記事では、「断捨離したいから。それが定期的に引っ越しをする理由。」をご紹介します。

家の中がいつの間にやら物で溢れていることってないですか?

心がけていても物は少しずつ増えていきがちです。

そうであれば一層のこと引越しをしてしまうことがオススメ。

これで身も心もスッキリしてパフォーマンスが向上します。

断捨離してスッキリ

やましたひでこさんが提唱した「不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想」のことです。

新しい片づけ術として一世を風靡した「断捨離(だんしゃり)」ですが、「モノが片づいてスッキリした!」は「断捨離」の入口にすぎません。

家の中の不要・不適・不快なガラクタを捨てるということは、お気に入りのモノだけを残すことであり、その繰り返しによって、マイナスの思考や感情、他者から押しつけられた観念(価値観)も手放すことができます。

お金、健康、夫婦、親子、時間、結婚、離婚、家事、終活……の悩みも消えていきます。

その結果、身も心も軽くなり、本当に大切なものが手に入るようになり、人生が大きく変わっていくのです。

引用:「要・適・快」の断捨離で信じられない変化が起きた!

目的としては、不要なものを手放して、本当に大切なものを手に入れて人生を変えていこうということですね。

 

部屋もそうですが頭の中にもキャパがあります。

何かを捨てないと新しいものは入ってきません。

あれもこれもと欲張っていては本当に大切なものがわからなくなってしまします。

まずは捨てること。

そうすると新しいものが入ってきます。

引越しのすすめ

私は東京に来てから6年ほどですが、1~2年に一回引越ししていて合計4回引越しました。

最初は仕事の都合でしたが、その一回で気付いたのが、「何でこんなに無駄なものを溜め込んでいたんだろう」

押入れやタンスや本棚には要らないものがあるわあるわ。

一人暮らしだったにも関わらず15個ぐらいのゴミ袋になりました。

 

「部屋の乱れは心の乱れ」一度は聞いたことがあると思います。

今思えば毎日の生活に一生懸命で乱れていた気がします。

 

それ以降、無駄なものは買わないミニマムな生活を意識していますが、引越しは何がいいかと言うと思い切った断捨離ができることです。

そのため、定期的に引越しをするようにしています。

 

そして、引越しをされたことがある人はわかると思いますが、気持ちがリセットされて生活が一新されます。

 

自分には何が大事で、何をしたいのか?

過去の変なこだわりをリセットして、フラットにモノゴトを判断できるようになります。

まとめ

この記事では、「断捨離したいから。それが定期的に引っ越しをする理由。」をご紹介しました。

断捨離とはただ単に「捨てる」という行為だけだはなく、頭の中をシンプルにメンテナンスする方法です。

引越しとはそれを環境設計として行うこと。

引越しにはお金や時間がかかりますが、それ以上の効果や気付きもあります。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク








夢のティッピングポイント

大人たちそれぞれが日本の元気に!
夢をもってカッコよく生きることの提案。
マツモトダイスケが描く未来


コメントを残す