【生活にマンネリ感がある人へ】朝活で社外の新しい価値観に触れてみる




日々の生活がマンネリ化していると感じたりしていませんか?

もしくは、出社時刻が始業時刻ギリギリで朝に余裕がなかったりしていませんか?

 

私が独立したときに先輩方から、1日のリズムをつくるのに朝活がオススメとアドバイスをもらったので、最初は眠い目をこすりながら朝活に参加していましたが、定期的に参加することで早起きの習慣と生産性の高い時間帯での活動が習慣化されました。

 

新しい朝の習慣を手に入れて、一日を充実したものにしたい方は試しに朝活をしてみることをオススメします。

 

最初は参加してみよう

東京だと毎日色んな朝活が開催されています。

主催者によって趣旨が違うので、気になるものにはまずは参加してみるといいでしょう。

大きなところでは次の2つがオススメです。

ヒルズブレックファースト

まずは六本木のHills Breakfast

 

月に一度開催されていて、各業界で活躍している方たちのプレゼンが聞けます。

自分が聞いた中では、リアル脱出ゲームを仕掛けた加藤隆生さんや、2歳で聴力を失った元プロボディーボーダーのYUMIEさんのプレゼンが印象的でした。

チャレンジしている人たちのプレゼンなので、出社前に聞くとエネルギー満タンで職場に向かえそうです。

参加費は500円です。

 

朝渋

渋谷の道玄坂で開催される朝渋

「読書」をフックにした朝活です。

色んなジャンルの本の著者の方を招いてのトークが繰り広げられます。

質問をすることもできて、著者を身近に感じられる貴重な機会です。

参加費は1,620円です。

慣れてきたら主催してみるのも面白い

今まで参加者側だった朝活ですが、改めて自分好みの朝活を主催しようと思い立って3日前に開催決定。

参加者同士でモーニングコーヒーを飲みながら「チャレンジ」をテーマに話す朝活です。

場所はアクセスしやすいJR渋谷駅直結のパブリックハウスに。

 

イベント告知サイトを使って告知しました。

 

普段何気に参加していた朝活ですが、実際に自分が主催となると参加者の方が来るまでドキドキしますね(笑)

 

初開催にも関わらず4名の方が参加してくださいました。

飲食やITなど、色んな業種。

それぞれが日々チャレンジしていることや経験談など、普段聞けない刺激的なお話で朝からスイッチが入りました。

主催してみてわかったことは、案外やること多い。

事前準備としては、イベントテーマの設定、場所、会費設定など。

 

当日も、座席確保、参加者の方との連絡など。

やってみて初めてわかることがたくさんありました。

 

自分が主催するメリットとしては、

  • 自分が興味のあるテーマに人が集まってきてくれる
  • 主催の責任感から寝坊せず起きられる
  • 段取り力やファシリテーション力がつく

 

試しに一度やってみると面白いと思います。

まとめ

これから朝活に参加してみようという方は、まずは気になるところにいくつか参加してみるといいと思います。

それぞれの朝活で雰囲気が違ってきます。

 

社内だけの人間関係だとどうしても価値観が固まりがち。

朝活では簡単に社外の人たちと交流が持てて、新しい価値観に触れられることができます。

 

自分の業界の常識が他の業界の非常識。

逆もまた然り。

仕事で使えそうなアイデアも収集できます。

 

最近何か生活がマンネリしているなと感じられる方にとって、朝活は出社前に簡単に取り入れられる朝の生活スタイルなのでオススメです。

スポンサードリンク








夢のティッピングポイント

大人たちそれぞれが日本の元気に!
夢をもってカッコよく生きることの提案。
マツモトダイスケが描く未来


コメントを残す