100のいい話より、1つのいい習慣




以前に比べて今は情報を取りやすい時代。

ニュースサイトや電子書籍やYoutubeなど、スマホ1つで色んな情報にアクセスできるようになりました。

インプットする情報が溢れている情報過多の時代だからこそ気を付けたほうがいいことがあります。

それは、「いい話を聞いた」で終わらせること。

今回は、「100のいい話より、1つのいい習慣」についてです。

いい話を聞いても何も変わらない

本を読んだりセミナーに行ったりするといい話が聞けます。色んな気付きもあると思いますが、それだけだと何も変わりません。

いい話を聞いて気づきが得られたことで起こるのは頭の中での出来事。

現実を変えようとすると気付きをアウトプットして行動を変化させる必要があります。

そうすることで初めて頭の中の変化が実際に現実での変化に変わっていきます。

正確に理解するためには

また、いい話を聞いたとしても、その話を本当に理解できているかというと話は別です。

実際にそれを行動に移してみると、想定していなかった結果になることは日常茶飯事。

やってみて初めてわかることが多いです。

例えば、野球のバッティングの場合、教本で理屈がわかったとしても、それでホームランが打てるかというと、そんな簡単な話ではありませんよね。

モノゴトを正確に理解しようとした場合、インプットしたものをアウトプットする必要があります。

アウトプットしてできるようになって初めて、正確に理解したと言えます。

100のいい話より、1つのいい習慣

本当に気を付けたほうがいいのは、いい話を聞いてわかったと勘違いしてしまうこと。

アウトプットを伴わないインプットは正確な理解ではないため、表面的な薄い知識になってしまいます。

それが繰り返されるとどうなるかと言うと「頭でっかち」な状態に。

実践の伴っていない「頭でっかち」は頭の中が複雑な状態です。最適な行動が条件反射的に出てきません。

そのため、何かに対処するときも、頭で考えすぎた結果、一歩を踏み出すまでに時間がかかってしまいます。

逆に習慣化させるところのいいところは、何も考えなくても行動が伴うところ。

例えば、歯磨きなどは、毎日何も考えなくてもやっている習慣ですよね。

習慣にも、いい習慣と悪い習慣がありますが、1つのいい習慣は100のいい話よりも価値があります。

行動に移してこそ価値が発揮されます。

インプットとアウトプットはワンセット

いい話を聞くと自分が成長したかのような錯覚に陥ります。

しかし、インプットだけでは何も変わりません。アウトプットすることで現実世界に変化が起こります。

アウトプットの伴わないインプットは消化不良の原因。

アウトプットを前提にしたインプットをすることが大切です。

まとめ

今回は「100のいい話より、1つのいい習慣」ということで、インプットに偏ることの危うさとアウトプットの大切さについてでした。

ある意味インプットは楽な作業であり、知識欲求も満たされるので、成長した感が刺激されます。

しかし、アウトプットの伴わないインプットは薄い知識になってしまって、いざというときに役に立ちません。

アウトプットすることが大事であり、それを習慣化させることでハイパフォーマンスを発揮することができるようになります。

スポンサードリンク








夢のティッピングポイント

大人たちそれぞれが日本の元気に!
夢をもってカッコよく生きることの提案。
マツモトダイスケが描く未来


コメントを残す