2019年4月に読んだ本10冊を全て紹介[おすすめ&感想]

2019年4月に読んだ本を紹介するコーナーです。

感想と共におすすめ度を紹介します。

オススメの基準
★★★★★:名著。本を普段読まない人も読まなきゃ損
★★★★:気づきがあっておすすめ
★★★:良くもなく悪くもなく普通
★★:内容が薄くて気づきが少ない
★:時間を無駄にしちゃった 

労働2.0 / 中田敦彦 (著)

created by Rinker
¥1,512 (2019/07/20 02:28:37時点 Amazon調べ-詳細)

【私の評価】★★★★

働き方についての今のトレンドを俯瞰してまとめたような一冊。

みんなが薄々気付いている内容がわかりやすく書かれています。

これからの働き方のメインストリームになるようなことが書かれているので、体質の古い会社に勤めている人には特にオススメです。

ピーター・ティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望 / トーマス・ラッポルト (著)

【私の評価】★★★★

ペイパル・マフィアの首領であり、シリコンバレーの頂点に君臨しているピーター・ティール。

世界中の起業家に影響を与えています。

そして、彼が成功した理由の一つが「逆張り思考」。

常識を疑い、新しい視点で物事を見る考え方は読み応えがあります。

表紙の写真みたいなポーズは、やはり顔の彫りの深い海外の人だから似合うんでしょうね(笑)

天才 藤井聡太 / 中村 徹 (著)

created by Rinker
¥1,404 (2019/07/20 02:28:37時点 Amazon調べ-詳細)

【私の評価】★★★

藤井聡太七段がプロデビューしてから29連勝するまでの様子を、ベテラン観戦記者の視線で追った本です。

将棋のことが詳しくなくても読みやすい内容で、いかに藤井聡太七段がすごいかが伝わってきますし、これからの将棋界が楽しみになります。

この一冊から何かを学び取ろうというよりも、将棋界の様子を垣間見るのにいい本ではないでしょうか。

一生を変えるほんの小さなコツ / 野澤 卓央 (著)

created by Rinker
¥1,296 (2019/07/20 02:28:38時点 Amazon調べ-詳細)

【私の評価】★★★

著者が今まで教わった人生の小さなコツがまとめられています。

実体験を交えながら綴られていので理解しやすいです。

成功する人は、なぜジャンケンが強いのか / 西田一見 (著)

【私の評価】★★★

勝ちグセのある成功者になるための考え方が書かれた一冊です。

あらゆる勝負に強い人もいれば、弱い人もいる、その差はどういったところにあるのかをジャンケンを切り口に書かれています。

いわゆる成功本的なものなので、あまり成功本を読んだことがない人にオススメです。

11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業 / 田口智隆 (著)

【私の評価】★★★

バフェット氏の生い立ちを含め、基本的な考えがわかりやすく書かれています。

本質的なことは当たり前なことでもあるので、タイトルの「バフェット」に期待して特別なことが書かれていると期待して読むと肩透かしを食らった感じになると思います。

お金や経済に詳しくなくて、これから勉強したいという人にオススメ。

にぎやかだけど、たったひとりで 人生が変わる、大富豪の33の教え / 丸尾 孝俊 (著), 吉本 ばなな (著)

【私の評価】★★★★★

バリに住んでいる大富豪アニキの考え方を、吉本ばななさんの視点で紹介されている一冊です。

義理人情を大事にして人に尽くしたら、お金を含めて結果は後から勝手についてくる。

アニキの愛情や人柄が温かく伝わってきます。

日本人が忘れてしまった人情をもう一度取り戻すためにも、読んでもらいたいですし、この本を読んで気付いたことを実際に行動に移していくことが何よりも大切なんだと思います。

斎藤一人 必ず成功する例外思考 / 柴村 恵美子 (著)

【私の評価】★★★★

銀座まるかんの創業者で、2001年までに納めた税金は国税だけで138億という高額納税の実業家である斎藤一人さん。

良い意味で例外的な人になるための考え方が紹介されています。

斎藤一人さんが人生を楽しもうとする姿勢が伝わってきて、シンプルだけれども本質的なことが書かれています。

読了後は肩の余分な力が抜けて、新しい気持ちで頑張る気持ちになれる一冊です。

京セラフィロソフィ / 稲盛和夫 (著)

created by Rinker
¥2,592 (2019/06/25 17:31:10時点 Amazon調べ-詳細)

【私の評価】★★★★★

京セラ内部と盛和塾でしか語られなかった稲盛和夫さんの人生哲学をまとめた本です。

この哲学があったからこそ、京セラの成功やJALの再建が可能だったと思いますし、そのエッセンスが2,500円程度で読めるのは破格。

普遍的な内容で名著です。

書店で平積みされては消えていく読みやすい自己啓発本とは対局にあるような、非常に読み応えがあって、定期的に何度も読み返したい一冊です。

セルフトーク・マネジメントのすすめ / 鈴木 義幸 (著)

【私の評価】★★★★

無意識に行っている自分との対話。そのセルトークに焦点を当てた一冊。

セルトークを意識するだけで、だいぶ現実にもいい影響が出ると思います。

「人にはコーチングできるけれども、自分には?」という人や、ついついネガティブに考えてしまう人にオススメです。

人気記事たくさん本を読むならAmazon「Kindle Unlimited」がコスパ最高!

人気記事 読書入門・完全マップ|初心者(月0冊)→読書家(月10冊)への道

スポンサーリンク