人の力を借りやすくするための3つのポイント

談笑
男のつぶやき
手伝ってもらいたいけど頼みづらい…

人の力を借りたいときってありますよね?

自分より詳しい人に力を借りたかったり、仕事が忙しくて回っていないときに。

気楽に人の力を借りられたらいいですが、実際にはなかなか頼みづらいといったこともあると思います。

そこでこの記事では、人の力を借りやすくするための3つのポイントをご紹介します。

2分くらいで読めますし、まずはご一読を!

ヘルプのサインは早めに出す

同僚

人の力を借りたいときは早めに伝えるようにしましょう。

期限が迫っている仕事のヘルプをお願いしても、相手にも都合があるので期限内に手伝ってもらえるとも限りません。

切羽詰まった状態で依頼すると相手にとっても負担になってしまいます。

ヘルプが必要なときは早めにサインを出すようにしたほうがいいですし、予め相談しておくといいでしょう。

相談しておくことで相手も心積もりができますし、もしかしたら追い詰められる前に効果的なアドバイスがもらえるかもしれません。

お礼をちゃんと伝える

握手

力を借りたときはちゃんと相手にお礼を伝えるようにしましょう。

折角手伝ってもらったのにお礼の気持ちを伝えないでいると、次回また力を借りたいときに相手の腰が重くなってしまうかもしれません。

力を借りる時は必死でお願いすると思いますが、大事なのはアフターフォローのほうです。

感謝の気持ちを伝えることで相手も手伝ってよかったと思えるものです。

日頃から周りに貢献しておく

褒める

気兼ねなく周りの力を借りるためには、日頃からどれだけ自分から貢献できているかが大きいです。

一方的に力を借りてばかりだと、相手からすると一緒に仕事をするメリットが感じられなくて単なるお荷物。

誰かが困っているときは率先して自分から「何か手伝えることある?」といった声掛けをしておくと、いざという時に力を借りやすくなります。

貢献の形は特に決まったものはありません。

オフィスをキレイに保つためにゴミを拾ったり、雰囲気を明るくするために花を飾るなど、そういった姿勢を周りは見ています。

TakeしてからGiveするのではなくて、GiveしてからTakeするという順番が大切。

まずは自分が周りに何ができるかを考えることで、いざというときに力を借りやすくなります。

まとめ

この記事では、人の力を借りやすくするための3つのポイントをご紹介しました。

  • ヘルプのサインは早めに出す
  • お礼をちゃんと伝える
  • 日頃から周りに貢献しておく

いざというときに周りに依頼するにしても、お互いが気持ちよく助け合えるような状況を作っておくことが大切です。

スポンサーリンク