部下を叱るのにベストのタイミングは?叱れない理由と一緒に解説

面談
男のつぶやき
部下の失敗が気になるけど、叱るのはまた今度にしよう…

部下のことを思うと叱ったほうがいいのはわかっていても、叱るのを先延ばしにしてしまうことってないですか?

そこでこの記事では、部下を叱るタイミングについて書きます。

3分くらいで読めますし、まずはご一読を!

叱るタイミング

ミーティング

部下をどのタイミングで叱るか悩むことってありますよね?

そう思ってタイミングを逃してしまうことってあると思いますが、叱るベストのタイミングは部下が過ちを犯したしたときです。

時間が経てば経つほど、タイミングを逃すことになります。

叱る本人からすると叱ることが頭の中にありますが、叱られるほうからすると忘れた頃に言われても青天の霹靂。

「何で今ごろ?」と思って混乱しますし、上司に対する不信感に繋がります。

しかも過ちを犯したときであればインパクトがあるので修正がかけやすいですが、忘れた頃に叱られても記憶が薄れているので直そうにも直せなかったりします。

叱るタイミングは叱ろうと思ったときがベストで、先延ばしにすればするほど叱る効果が落ちますし部下からも不信感を持たれてしまいます。

叱らない理由は誰のため?

悩む男性

なぜ叱るのを先延ばしにしてしまうんでしょうか?

それは、叱ることよりも「嫌われたくない」という気持ちを優先させてしまうからです。

・この程度であれば、まだ叱らなくてもいいだろう
・このぐらいであれば大目にみてあげよう

「嫌われたくない」という気持ち根底にあるので、「叱る」という行為を止めてしまうのです。

何のために叱るか?

叱られる部下

そもそも「叱る」こと自体を何のためにするかが大切になります。

叱る理由としては、

・部下の成長のため
・部下の教育して会社の利益に貢献するため
・部下の過ちの再発防止のため

いろいろ理由がありますが、追求すると「部下の成長のため」に叱ることになります。

部下が成長すれば、会社の利益も上がりますし、過ちの再発防止につながりますもんね。

叱る目的が部下の成長であれば、叱り方も自ずと見えてくるのではないでしょうか?

嫌われないために叱るのを先延ばししてしまうといったこともなくなると思います。

叱ることにはエネルギーが必要なので、何のために叱るかがないと叱り方がブレたり先延ばしにしてしまうわけですね。

叱るためには関係性が必要

談笑

叱るタイミングは、部下が過ちを犯したときがベストですが、ただ叱ればいいというものではありません。

叱るには前提条件が必要で、部下からどれだけ信頼されているかがキモになってきます。

自分が尊敬していたり気にかけてくれている上司から叱られても受け入れることができますが、信頼関係がなかったりどこか見下してしまっている上司から正論で叱られても反発してしまうと思います。

叱るというのは相手に気づきを与えるために重要なアクションですが、ちゃんと伝えるためには叱れるだけの人間関係を日頃から構築しておくことが大切。

日々のコミュニケーションが成立していれば、叱り方が多少まずくてもちゃんと伝わります。

まとめ

この記事では次のことを書きました。

  • 叱るタイミングでベストなのは部下が過ちを犯したとき。
  • 「嫌われたくない」が理由で叱ることをためらってないか?
  • 叱る目的は部下の成長のため。
  • 叱るためには日頃からの関係構築が重要

ついつい叱ることを先延ばしにしてしまうことがあると思います。

叱るのってエネルギーが必要ですし、もっと優先したい仕事が他にあることもありますし。

けれども、組織で一番重要なのは人材。

日頃から部下とコミュニケーションを取って、嫌われたとしても叱ってあげるのが部下のためであり組織のためです。

人気記事 圧倒的な自分の才能(強み)の見つけ方。

スポンサーリンク