第一印象を挽回!印象を良くするには別れぎわが大切な理由

男のつぶやき
やらかした…第一印象、最悪だろうな~

第一印象は人間関係の入り口として大事ですが、あまり良い印象を最初に与えられなかったこともあると思います。

そこでこの記事では、第一印象を挽回するための方法について書きます。

3分くらいで読めますし、まずはご一読を!

第一印象が悪かったとしてもジワジワと挽回できる

アメリカの心理学者のアルバート・メラビアンによると、第一印象は最初の3~5秒で決まるそうです。

第一印象は非常に重要で、その重要性は心理学的には初頭効果として知られています。

初頭効果というのは、「最初に与えた印象が、後の評価に大きな影響を与える」という心理効果のこと。

第一印象が良ければ、その後も好意的に対応してもらえるということですね。

だからこそTPOに応じて服装なども変えて第一印象を良くしたほうがいいわけです。

第一印象は良いに越したことはないのですが、もし第一印象であまり良い印象を与えられなかったとしても挽回するチャンスはあります。

人は第一印象を21回会うまで引きずると言われています。

毎日会うとしたら3週間、1週間に一回会うとしたら半年ほど第一印象の影響を受けるということですね。

逆に言えば、第一印象が最悪だったとしても、21回会ううちに記憶を上書きしてしまえばいいわけです。

人間関係は第一印象よりも第二印象

結婚式などで「新婦によれば、新郎の第一印象は最悪だったそうですよ」と紹介されるシーンを見かけたこともあるのではないでしょうか。

もし第一印象が最悪だったとしても、挽回して最高の印象に変えることは可能ということですね。

人はギャップに魅力を感じるので、第一印象が最悪だったらその後に好印象なことをすればむしろギャップが生まれて高い評価を得られることがあります。

不良の男子生徒が普段は学校での素行が悪いけれども、電車などでおばあさんに席を譲っているシーンを見かけたらどうでしょうか?

優等生が席を譲っても普通の印象かもしれませんが、不良の生徒が席を譲っていると意外性があって好印象になるわけです。

第一印象を挽回にするために大切なのが「第二印象」

第二印象というのは、しばらくコミュニケーションを取ってから相手に抱く印象のことです。 

長期的な人間関係で大切なのは、先程の結婚式の例のように、第一印象よりも第二印象なんです。

では、どうすれば第二印象を良くすることができるのでしょうか?

誰でも簡単に実践できて効果の高い方法をご紹介します。

それは、「別れぎわを好印象で終わらせて立ち去る」というのも。

ピーク・エンドの法則というものがあって、人は最後の経験を強く印象に残します。

楽しかったデートも最後に彼女を怒らせてしまうと、彼女にとってその日のデートは最悪だった印象になります…

途中までイマイチのデートだったとしても、最後に彼女に楽しい時間を提供できたら彼女に取って楽しいデートだったと印象になるわけです。

別れぎわの印象が良ければ、次に会うまで良い印象が継続されるので第二印象が格段に向上します。

具体的にどのように別れるかというと、「元気に笑顔で別れる」というのが簡単で実践しやすいでしょう。

それだけで、あなたへの印象は随分良くなるはずですよ。

まとめ

この記事は次のことを書きました。

  • 第一印象が良いと、その後も良好な人間関係を築きやすい。
  • 第一印象は21回会うまで引きずられる。
  • もし第一印象で悪い印象を与えてしまっても挽回できる。
  • 長期的な人間関係で大事なのは第一印象よりも第二印象。
  • 別れぎわに笑顔で元気に別れると第二印象は格段にアップする。

第一印象が良いに越したことはないですが、もし失敗しても挽回できます。

大事なのは別れぎわ。

別れぎわに好印象を与えといったことを繰り返せば、良好な人間関係を作ることが可能です。

人気記事 圧倒的な自分の才能(強み)の見つけ方。

スポンサーリンク