写真加工アプリの決定版『Snapseed』の使い方




今回は、わたしがインスタにアップするときに使っている写真加工アプリの「Snapseed」についてです。

実際に使ってみるとこんな感じに加工できます。

加工後

加工前

大人しかった印象の写真が赤みを帯びて力強くなりました。

この程度の加工であれば慣れてくると1~2分ぐらいの作業時間です。それぐらいSnapseedはシンプル且つ機能的。無料でよいのかと感じてしまうほど充実したツールが揃っています。

それでは紹介していきます。

ファイルを開く

画面をタップして編集したい写真を選択します。

⬆写真を選択

 

写真を劇的に変化させる「効果」

全自動で写真の印象を劇的に変える効果を加えることができます。

効果タブをタップすると加える効果を選べます。

⬆好みの効果を選択

用意されている効果は下記11種類

  • Portraito
  • Smooth
  • Pop
  • Accentuate
  • Faded Glow
  • Morning
  • Bright
  • Fine Art
  • Push
  • Structure
  • Silhouette

私がよく使うのはPortraitoPopの2種類。彩度とコントラストが上がってメリハリのある写真になります。

注意点としてはPortraitoの効果を人物写真にかけると肌がツルっとします。そのため、肌の質感がなくなってしまいます。
女性の肌についてはツルツル感はあってもいいかもしれませんが、男性の肌をツルっとさせると重厚感や男らしさがなくなってしまうので気をつけてください。

Portraito効果適用前

Portraito効果を1回適用

Portraito効果を2回適用

 

かゆいところまで手が届くツール群

⬆使い勝手のいいツール

もっと細かい調整をしたいという場合のために、多くのツールが準備されています。

使い勝手がいいので、実際に触りながら試してみると感覚が掴めると思います。

写真を本気でやりたい人には、(トーン)カーブが使えるようになると色調補正の幅が一気に広がるのでオススメです。

 

失敗してもやり直し自由

画面上部のやり直しアイコンをタップすると、加えた操作を取り消してやり直すことができます。

⬆やり直し可能

一つ一つやり直すこともできますし、途中の時点や最初までさかのぼってやり直しができるので安心です。いろんなツールをどんどん試していきましょう。

編集を表示をタップすると処理内容を確認できたり、行った処理に対して細かい修正を加えることができます。

⬆ヒストリー機能

ここでは、効果によって自動で一括処理された内容も見ることができます。どういった処理が加えられたかを一つ一つ確認できるので紐解いていくと勉強になります。

 

まとめ

今回は無料の写真加工アプリのSnapseedを紹介しました。

シンプルな操作でやりたい処理ができます。初心者からベテランまで幅広いユーザーが使える非の打ち所がないアプリです。広告が表示されない無料のアプリの範疇を完全に超えています。さすがGoogle。

足りない機能としてはレイヤー機能ぐらいだと思います。ただ、スマホでレイヤー機能を実装するとシンプルさが失われるので、レイヤー機能が必要な場合はPhotoshopを使うべきでしょう。

Snapseedは写真加工アプリとして秀逸です。

 

Snapseed

Snapseed

Google, Inc.無料posted withアプリーチ

 
 
スポンサードリンク








夢のティッピングポイント

大人たちそれぞれが日本の元気に!
夢をもってカッコよく生きることの提案。
マツモトダイスケが描く未来


コメントを残す