注意するときはその場で。注意することを後回しにしてはいけない理由。

男のつぶやき
今の気になるけど、後で注意すればいっか…

部下を注意するのを後回しにすることってないですか?

そこでこの記事では、注意するのはその場ですることの重要性について書きます。

1分くらいで読めますし、まずはご一読を!

その場で注意しないと効果が落ちる

上司

部下に何か落ち度があったり改善点があったりすると、注意することになりますが、後回しにするよりもその場で注意してしまったほうが効果が高いです。

なぜなら記憶が鮮明なので。

後になってから注意しても部下の記憶は薄くなっているので、注意しても本人に自覚がなかったり効果が低くなってしまいます。

その場で注意しないと今更感が出る

叱られる部下

その場で注意しないと注意するタイミングを逃してしまってズルズルと先に延ばしてしまいがち。

ちゃんと注意しなきゃと思って2, 3日後に注意したりすると、部下からしたら「何で今更?」といった疑問が起きてきます。

失敗などを注意する場合、部下本人にも自覚はあるので、時間が経って注意されても同じような嫌な気持ちが思い出されてしまいます。

よっぽどのことがない限りはその場で注意する

アイデアが閃いた

その場で注意できないことはあると思います。

目の前にお客がいるのに注意することはできないでしょうし。

けれども、多少忙しかったり、タイミングを見て注意しようと思っても、結局はその場で注意するのが一番である場合がほとんどです。

組織で一番重要なりソースは人材。

人材を育てるという意味でも、効果が一番高いその場で注意することが組織としても最適であるわけです。

まとめ

この記事では、注意するのはその場ですることの重要性について書きました。

注意することを先延ばしにしてもいいことはありません。

忙しかったり、タイミングを見たり、注意するのをためらったりして先延ばしにしてしまうことがあると思います。

けれども、その場で注意するのが一番効果がありますし、タイミングとしても最適です。

スポンサーリンク