【24時間を最大活用】時間の管理が上手になる「3つの時間」




もっと時間管理が上手かったら。。。

将来のためにスキルアップもしたいけれども、目の前には仕事が山積み。

24時間をもっと上手に使えたらと思うことってありませんか?

意識しないで生活していると案外無駄な時間が潜んでいるものです。

少し意識を変えるだけで時間管理が上手になる「3つの時間」の考えかたを紹介します!

 

意識が大事

24時間をどこに割り振るか

一日は24時間。どんな人にも平等に与えられた時間です。

「実は私は一日36時間なんです!」ということはないですよね?(笑)

まずこの24時間をどう配分するかを意識することが大事です。

 

3つの時間

時間は3に分けることができます。

  • 消費の時間
  • 浪費の時間
  • 投資の時間

24時間をこの3つのうちのどれに配分するかで人生が決まります。

それぞれを詳しく見てみましょう。

消費の時間

日々生活していく上で欠かせない時間。

例えば、食事、移動、生活費を稼ぐための仕事の時間など。

浪費の時間

なくてもいい無駄な時間。

例えば、暇つぶし、惰性のおしゃべり、ぼんやりテレビを見たりネットサーフィンをする時間など。

投資の時間

あとあとリターンが見込まれる時間。

例えば、自分が成長できる仕事・読書・勉強など。

 

意識的に時間を分類する

今の時間が3つのうちのどれに当てはまるかを意識してください。

 

まず、浪費の時間は無駄な時間です。

大切な時間を垂れ流しています。

もし浪費の時間を過ごしている場合は、その時間を消費の時間か投資の時間に割り振ってください。

 

消費の時間と投資の時間はどちらも大事です。

消費の時間は生活する上では必要ですが、一日のうちの一定以上は投資の時間に振るのをオススメします。

 

投資の時間に振ったとしてもすぐに結果に結びつかないかもしれません。

けれども、20代に蒔いた種は30代に実ります。

30代に蒔いた種は40代に実ります。

 

土をしっかりと耕して、ちゃんと種を蒔くからこそ収穫できます。

 

地道に着実に投資の時間を増やしていきましょう。

まとめ

今回は時間を3つに分類する考え方を紹介しました。

  • 消費の時間
  • 浪費の時間
  • 投資の時間

今過ごしている時間がどれに分類されるかを意識してみてください。

そうすると意外と浪費の時間が多いことに気づくと思います。

まずは意識するだけで無駄な時間はどんどん減ります。

そういった無駄な時間をどんどん投資の時間に増やしていくと将来的には思いもよらなかったステージに立てています。

少し先を見据えて時間を割り振ることを意識してみて、限られた時間を最大限に活用してみてください。

スポンサードリンク








夢のティッピングポイント

大人たちそれぞれが日本の元気に!
夢をもってカッコよく生きることの提案。
マツモトダイスケが描く未来


コメントを残す