ケンカした時に仲直りするには

日没




友だちやパートナーとケンカしたときや、職場の同僚と衝突したときとかで、何か気まずい雰囲気のときってありますよね。

意地やプライドが邪魔して謝ったり歩み寄れなかったり。

やるべきことはわかっているけれども、なかなか一歩が踏み出せないときについて、今回は深掘りします。

最後だとわかっていたなら

まずは9.11同時多発テロの追悼集会で朗読された詩を紹介します。

「最後だとわかっていたなら」
作・ノーマ コーネット マレック / 訳・佐川 睦
 
あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように
祈っただろう
 
あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて
抱きしめただろう
 
あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう
 
あなたは言わなくても
分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう
 
たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい
 
そして わたしたちは 忘れないようにしたい
 
若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを
 
明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから
 
微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を
どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと
 
だから 今日
あなたの大切な人たちを
しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも
いつまでも 大切な存在だということを
そっと伝えよう
 
「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう そうすれば
もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから

引用:サンクチュアリ出版

その人に会えるのが今日が最後だとしたら、どういった態度を取るのか。

両親や兄弟や子供といった家族や、普段何気ない会話をしている友人や、苦楽を共にしている職場の同僚。

そういった人たちに今日が最後だとしたら同じ様な態度で接するのか。

9.11同時多発テロを想像しながら読んでみると、いろいろ考えさせられる詩ですね。

ケンカしたときに意地やプライドは必要か

衝突したときに、意地やプライドが邪魔して謝ったり歩み寄ることがなかなかできないことがあると思います。

ただ、この詩を読んだ後だとどうでしょうか。

もし今日が最後だとしても同じ態度を取るのでしょうか。

意地やプライドが邪魔して本当の気持ちを伝えられずに、もし仮に、意図せず最後の別れが今日来たとしたら後悔しか残らないと思います。

日本人の平均寿命が80歳ぐらいなので、今日や明日に最後の別れが来るかと言うと確率論的にはかなり低いです。

しかし、毎日を積み重ねた先に最後の日がやってきて、いつかは別れを迎えます。

それが早いか遅いかだけの話。

そう考えると、意地やプライドは横に置いておいて、自分の気持をちゃんと相手に伝えることって大切ですよね。

後悔しないように毎日を大切な人と生きる

自分がいつか死ぬことを知ってるということは、我々が天から授かった素晴らしい贈り物なのだよ。

引用:ゲド戦記

永遠に命が続くとしたら、密度の薄いダラダラとした人生になってしまうでしょう。

いつか死ぬことは確かなこと。

だからこそ、家族や、大切な人や、お世話になっている人や、同僚など、普段から接している人こそ大切にすべきなんでしょう。

まとめ

今回は、ケンカした時に仲直りするにはということで、1つの詩から考えてみました。

後悔先に立たずと言いますが、何より大事なのは相手に対する感謝の気持ちをちゃんと日頃から伝えられているか。

人はやってもらったことより、やってあげたことのほうを大きく評価してしまう生き物です。

そのため、ついつい感謝の気持ちを忘れてしまいがちですが、この一週間であなたは大切な人に「ありがとう」を何回言えましたか?

今日が最後だとしたら。

まずは素直に気持ちを伝えるところから始めていきましょう。

スポンサードリンク







日没

夢のティッピングポイント

大人たちそれぞれが日本の元気に!
夢をもってカッコよく生きることの提案。
マツモトダイスケが描く未来


コメントを残す