宝はどこにあるの?宝はメインストリートには落ちていない。

宝箱




どうやったら成功することができるのか?

多くの人が成功を求めながら、実際は周りを見て人と違わないようにと行動しています。

人と同じことをして、その同じことをしている全員が成功できたらそんなに楽なことはありませんよね。

今回は宝はどこに落ちているか、どの道を歩けば成功できるかについてです。

人の行く裏に道あり花の山

株式投資を経験したことがある人であれば聞いたことがある有名な格言があります。

「人の行く裏に道あり花の山」

投資の世界で勝ち組に入れるのは極々一部。データにもよりますが10%~20%ぐらいが勝ち組で、多くは損をしているのが現状です。

なかなか簡単には勝てない株式投資ですが、そんな中でも必勝法があります。それは「負けトレーダーの取引を後ろから見ていて反対のトレードをする」といったもの。

株価は群集心理で動きます。そして多くの人が負けているので、その逆をすれば勝てるということです。

半分笑い話ですが、普通とは反対のことをやったほうが案外うまくいくといった話です。

ビジネスの世界や人生も同じで、多くの人と同じことをすれば安心ですが、それでは大きな成功を手に入れることはできません。

Think different.

人と違う道を歩くことは孤独と不安を感じることがあります。

しかし、そんな時に勇気をくれるAppleの不朽のCMがこちら。

クレージーな人たちがいる
反逆者、厄介者と呼ばれる人たち
四角い穴に 丸い杭を打ちこむように
物事をまるで違う目で見る人たち

彼らは規則を嫌う 彼らは現状を肯定しない
彼らの言葉に心をうたれる人がいる
反対する人も 賞賛する人も けなす人もいる
しかし 彼らを無視することは誰もできない
なぜなら、彼らは物事を変えたからだ
彼らは人間を前進させた

彼らはクレージーと言われるが 私たちは天才だと思う
自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが
本当に世界を変えているのだから

Think different.

引用:Apple CM

今でこそ1兆ドル企業のAppleですが、このCMが制作された1997年当時のAppleの業績はどん底です。どういった想いでジョブズがこのCMを作ったかを想像すると感じ方も違うのではないでしょうか。

Think different.

宝はメインストリートには落ちていない

みんなが通るメインストリートは道が整備されていて歩きやすいですが、そこに宝は落ちていません。

当たり前ですよね。もう既に誰かが見つけてしまっています。

だからこそ、本当に宝を見つけようとするならば、まだ誰も踏み入ったことがない道を歩く必要があります。

自分自身で踏み出す一歩。

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。
踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。
迷わず行けよ。行けばわかるさ。

引用:アントニオ猪木

まとめ

今回は、「宝はどこにあるの?」ということについてでした。

本当に成功を手に入れたいのであれば、人と同じことをやっていても手に入りません。

孤独であったとしても人とは違う道を進む必要があります。

迷わず行けよ。行けばわかるさ!

スポンサードリンク







宝箱

夢のティッピングポイント

大人たちそれぞれが日本の元気に!
夢をもってカッコよく生きることの提案。
マツモトダイスケが描く未来


コメントを残す