【挑戦することの大切さ】成功が全てじゃない。失敗してもいい理由

苗
男のつぶやき
失敗したらどうしよう…

失敗に対してネガティブなイメージを持っていたりしませんか?

そこでこの記事では、サッカー日本代表の長友選手のおばあさんの言葉を引用しつつ、挑戦することの大切さについて書きます。

2分くらいで読めますし、失敗することに抵抗がある方は、まずはご一読を!

成功は人の表面を飾り、失敗は内面を豊かにする

ロッククライミング

サッカーの日本代表の長友選手。

長友選手のおばあさんの言葉には勇気づけられることがありますが、先日の長友選手のツイートも素敵でした。

誰でも成功を願って、失敗することを嫌いますが、この言葉を知ると失敗も素敵なことのように思えますよね。

挑戦することの大切さ

ミーティング

欲しい結果を手に入れるために何かに挑戦することがあると思います。

挑戦と聞くと何やら大きな目標に対してのものを想像してしまいがちですが、日常生活の中にも挑戦が溢れています。

新入社員であれば、ミーティングや会議で発言するっていうのも挑戦ですよね。

「つまらないことを言ったらどうしよう…」「的外れなことを言ったら笑われるし…」

成功だけを考えることができたらいいのですが、実際は失敗を恐れて挑戦できないといったことがあります。

けれども、長友選手のおばあさんの言葉「成功は人の表面を飾り、失敗は内面を豊かにする。」を聞いてみると、失敗のイメージが少し変わるのではないでしょうか?

成功すると周囲からのイメージも変わりますし、自信にもなるので堂々とした感じになります。

ただ、失敗したとしても経験が培われるので、傍からすると変化していないように見えますが、ちゃんと成長しているわけですね。

失敗も成功も身になるって事は挑戦したら丸儲け、命に関わること以外は挑戦しないこと自体が損というわけです。

まとめ

この記事では次のことを書きました。

  • 成功は人の表面を飾り、失敗は内面を豊かにする。
  • 挑戦は毎日の生活の中に溢れている。
  • 成功しても失敗しても丸儲け。
  • 挑戦しないことは、成功するチャンスも失敗するチャンスも棒に振っている。

挑戦しないことの理由の大半は失敗に対する恐れでしょう。

けれども、成功しても失敗しても自分にとってはプラスです。

どちらに転んだとしてもメリットがあるので、挑戦しないのはもったいないですよね。

人気記事 圧倒的な自分の才能(強み)の見つけ方。

スポンサーリンク