どうやったら分かり合えるのか?共通点を見つけることがポイントである理由

男のつぶやき
どうやったらあの人ともっと分かり合えるがんだろう?

そういった疑問や悩みをお持ちではありませんか?

そこでこの記事では、もっと人と分かり合いたいといったお悩みを解決する方法について書きます。

具体的には次の順番にご紹介していきます。

  • 完全に分かり合えることはないことが前提
  • 共通点を多く見つけると分かり合えるようになる
  • 違う点に注目すると分かり合えなくなる

3分くらいで読めますし、人間関係を深めたいと思っている方は、まずはご一読を!

100%分かり合えることはない

握手

そもそもですが、他人と100%分かり合うといったことは不可能です。

考えてみたら当たり前の話なのですが、100%完全に分かり合おうと思ったら、お互いが過去に全く同じ経験をしている必要があります。

なぜなら、経験が違うと、感じ方も違うので同じような気持ちになることもないから。

例えば、恋人に振られて落ち込んでいる友人がいたとしましょう。

その友人と自分とでは振られたときの感じ方が違うので、「振られるのってツライよね。俺もその気持分かるよ」と言ったところで、100%同じ気持ちというわけではないわけです。

もしかしたら、友達のほうが深く落ち込んでいるかもしれませんし、自分のほうが落ち込んでいたかもしれません。

自分と全く同じ経験をしている人がいないのと同じように、他人と同じ体験を自分もしているわけではないので、ある程度分かり合うことができたとしても、100%分かり合うというということは不可能なわけです。

共通点を多く見つけることで分かり合える

鏡

100%分かり合えないということが前提なので、あとは100%にどうやったら近づけるかということになります。

そのための方法は、「共通点を多く見つける」というもの。お互いの経験の中から、共感できるポイントを探すわけですね。

例えば、

  • 日本人である
  • 海外に留学した経験がある
  • 起業した経験がある
  • 離婚した経験がある
  • フルマラソンを完走した経験がある

何かしら共通点を探してみてください。

1つだけだと弱いですが、2つ、3つと重ねていくことで「俺と同じやん!」といった感覚になり、親近感が湧いてくるようになります。

この共通点が多ければ多いほど、お互いが分かり合えるようになっていきます。

共通点が無数にあれば、点が面になるので、それだけ分かり合えるようになるわけですね。

分かり合うためには違う点にフォーカスしないこと

コマ

相手と違う点にばかり目を向けていると、分かり合う方向とは逆の方向にいくことになります。

  • この人とは意見が合わない
  • この人とは性格が合わない
  • この人は自分勝手だ

相手と自分の違うところに注目していると、共通点を探すのとは真逆のことをしているわけなので、関係性が台無しになってしまいます。

自分と同じ属性の人とは分かり合えますが、違う属性の人とは分かり合えません。

自分から相手を違う属性であると分類してしまうと、分かり合えなくなってしまいます。

自分との違いばかり見ていると、極々一部の人としか分かり合えない

スクランブル交差点

共通点を意識的に見つけることが分かり合うための一番のポイントです。

というのも、他人と自分は同じ人間ではないので、普通に考えると共通点よりも違う点のほうが多いのは当然ですよね。

自分との違いが目につくのは当たり前なわけで、それをそのまま受け取っていると、「自分との違い」ばかりが目につくようになります。

そういったスタンスだと、分かり合える人は本当に一部の人に限られてしまうわけです。

分かり合うために大切なのは、「自分との違い」を見るのではなく、意識的に共通点を見つけるということですね。

まとめ:

この記事では次のことを書きました。

  • 同じ人間は2人いないので、100%完全に分かり合えることはない
  • 共通点を多く見つけると分かり合える
  • 分かり合うためには違う点にフォーカスしないこと
  • 意識的に共通点を探すことが分かり合うために大切

完全に分かり合うことはできませんが、限りなく分かり合うことは可能です。

そのためにも共通点を多く見つけることで密な関係を築くことが大切になってきます。

人気記事 圧倒的な自分の才能(強み)の見つけ方。

人気記事 転職すると年収は下がるのか?自分の価値を診断してみる。

スポンサーリンク