ホイップクリームの法則。諦めなかった人にだけ欲しい結果が手に入る。

ホイップクリーム

「欲しい結果がなかなか手に入らない。」

「努力しているのになかなか成果に結びつかない。」

いつたどり着くかもわからないゴールを目指して進み続けることに不安を感じることってありますよね。

成功者に成功する秘訣を聞いたら、「成功するまで諦めなかったこと」といった話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

それだったら、「諦めないでやるだけ」となればみんなが成功者になるわけですが、それでも不安を感じることはあると思います。

今回は、うまくいくときのプロセスをホイップクリームの作り方に見立てた「ホイップクリームの法則」を紹介します。

ホイップクリームの法則

ホイップクリームを作るには、クリームを氷水で冷やしながら、ひたすらかき混ぜるとできます。

ホイップクリームを作ったことがある人はイメージしやすいと思うのですが、クリームをかき混ぜても最初は全然シャバシャバで固まる気配がありません。

ひたすらかき混ぜ続けます。

「なかなか固まらな~」と思いつつも、それでもかき混ぜ続けます。

そうすると、かき混ぜる手に突然手応えを感じて固まり始め、そこからはあっけないくらいにあっという間に固まります。

何かを手に入れようとするときは、このホイップクリームと同じです。

手に入れようと努力をしても、なかなか成果に結びつかないことがあります。

望んだ結果が出ないのは、なかなか固まらないクリームと一緒。

途中で諦めそうになりそうです。

けれども、そこで諦めないで続けることで、ある日突然結果に結びつくことがあります。

ホイップクリームの法則は、そういった諦めないことの大切さを教えてくれます。

夜明け前が一番暗い

「夜明け前が一番暗い」

これは、西洋の諺の、「The darkest hour is always just before the dawn.」を和訳したもので、「困難を伴う期間は、終わりかけの時期が最も苦しい。」という意味です。

「明けない夜はない」といった言い回しもありますが、「大変だ」「もうダメだ」と思ったほんのすぐ先に突破口を見いだした経験がある人もいるのではないでしょうか?

撤退ラインを間違えると大怪我をすることもあるので見極めは大事ですが、最後までやり切る姿勢が欲しい結果を引き寄せることも事実です。

まとめ

今回は、うまくいくときのプロセスをホイップクリームの作り方に見立てた「ホイップクリームの法則」を紹介しました。

なかなか欲しい結果が得られずに諦めたくなるときがあると思います。

けれども、思うような結果が出なかったとしても諦めずに続けていると、拍子抜けするぐらい簡単に成果が出ることがあります。

夢を追いながら諦めそうになったときは、是非ホイップクリームの法則を思い出してみてください。

スポンサーリンク

ホイップクリーム

夢のティッピングポイント

大人たちそれぞれが日本の元気に!
夢をもってカッコよく生きることの提案。
マツモトダイスケが描く未来


コメントを残す