手書きによるコミュニケーション。テキスト情報プラスαを伝える優しさ。




文字を書いていると漢字が思い出せない。

手元にあるスマホで漢字を検索する。

 

そういったことが最近ときどきあります。

 

やはりパソコンやスマホ、便利ですよね。

メッセージを書き直したりすることができますし、検索することも簡単ですし。

 

すっかり最近では文字を書く機会も減ってしまい、意識して書くのは年賀状ぐらい。

 

文字入力はパソコンとスマホ中心ですが、そんなある日、帰宅したら郵便受けに手紙が入っていました。

 

大量印刷のDMしか届かない毎日ですが封筒をよく見てみると、関西に住む甥っ子からの手紙でした。

一生懸命書いてくれたのかと思うと温かい気持ちになります。

 

また、別の日ですが、仲良くしている書道家の方と打ち合わせしている時に、私の名前を書いてもらいました。

自分の名前が凛々しく見えて、気が引き締まる思いです!

メモ書きを渡すぐらい、なかなか手紙を自分で書く機会はないですが、手書きによるコミュニケーションは人間同士のお付き合いをしている気がします。

 

パソコンのテキストだと、文字情報を伝えることができます。

手紙の素敵なところは、文字情報プラスαのものがあること。

 

一つ一つ手書きだとどうしても時間もかかるし、書き間違えると大変だし。

けれども、文字のクセから人柄であったり、わざわざ時間をかけて手紙を書いてくれている気遣いが伝わってきます。

 

ついつい敬遠しがちな手書きでのメッセージですが、もらった方からすると嬉しくて、こういった時代だからこそ鮮明に記憶に残ります。

 

とは言え、手書きにしたらいいというものでもありません。

先日取引先の会社から手書きの手紙をもらったのですが、手紙の文中の「〇〇様へ」に知らない人の名前が。

おそらく手書きのほうが印象がいいということでテンプレートを機械的に書いて送っているのでしょう。

どういった気持ちで送ってくれたかを想像するとちょっと残念ですね。

こういったケースだと、手書きが逆効果になります。

 

コミュニケーションは相手がどう受け取ったかが全て。

手書きだからどうこうというものではなく、心をこめて相手のことを想って書いて、それを受け取った人が温かい気持ちになれたとしたらいいですね。

もしかしたら、手紙じゃなくてビデオメッセージのほうがいい場合もあるでしょう。

 

誰にどういった気持ちをメッセージとして届けたいのか。

 

自分もスマホのメッセージで済ませてしまうことが多くなっていますが、改めて手紙のようなぬくもりのあるコミュニケーションを取ろうと感じました。

スポンサードリンク








夢のティッピングポイント

大人たちそれぞれが日本の元気に!
夢をもってカッコよく生きることの提案。
マツモトダイスケが描く未来


コメントを残す