tips

「送信された URL に noindex タグが追加されています」エラーの原因と対処方法

つぶやき
サーチコンソールをみていたら、「送信された URL に noindex タグが追加されています」が表示されている…このエラーってどうしたらいいの?

エラーが表示されつづけるのは気持ち悪いですし、SEO的にはあまりよくないので解消したいところです。

本記事では、このエラーの原因と対処方法について解説します。

「送信された URL に noindex タグが追加されています」のエラー原因は?

このエラーが表示される原因は、googleに送信しているxmlサイトマップにnoindex指定しているページが含まれているから起きます。

つまり、「indexしないで(noindex)」と指定しているのに「indexしてくれ(xmlサイトマップに含めている)」と指示しているので、サーチコンソールからすると「どっちやねん!?」となってエラーと表示しているわけです。

このエラーを解決するためには、次の2つのどちらかを設定し直せばいいことになります。

  • エラーが出ているページで設定しているnoindexの設定
  • googleに送信しているxmlサイトマップの設定

「送信された URL に noindex タグが追加されています」のエラーの対処方法は?」

では、エラーの対処方法を2つ説明します。

対処方法①:noindexを外す

まず1つ目の対処方法は、対象ページのnoindexを外してindexさせるというもの。

ページを見直してみて、noindexさせる必要がやっぱりなかった場合はnoindexを外してください。

とはいえ、indexさせる必要がなくてnoindexにしているわけなので、多くの場合は次の対処方法になると思います。

対処方法②:xmlサイトマップから指定のページを外す

2つ目の対処方法は、googleに送信しているxmlサイトマップから、対象のページを外すというもの。

xmlサイトマップは「Google XML Sitemaps」というプラグインを使って送っている人が多いと思います。

このプラグインの設定画面を開き、「Excluded Items」という項目の「投稿 (個別記事) を含めない:」という部分でページ(記事)のIDをカンマ区切りで入力すればオッケーです。

ページのIDは、該当ページのアドレスバーの「post=〇〇〇〇」の部分になります。

この画像の場合だと「8973」がIDになります。

数日してからサーチコンソールを確認するとエラーが消えます。

まとめ

この記事では、サーチコンソールで「送信された URL に noindex タグが追加されています」エラーが表示されたときの原因と対処方法について解説しました。

エラーを解消してキレイな状態を保っておくほうが気持ちいいですし、SEO的にも有利になるので、今回のエラーが出ている人は試してみてください。

-tips

© 2021 mazmoto blog