営業の極意。成果が出ない人が押さえるべき5つのポイント。




この記事では、「営業の極意。成果が出ない人が押さえるべき5つのポイント。」をご紹介します。

営業という仕事、最初はなかなかうまくいかずお客様から「No」をもらうことも多いですよね。

なかなか営業で成果が出ない人が押さえるべき5つのポイントとは何か?

この5つのポイントを押さえていれば結果は勝手についてきます。

営業で成績が出ていない人に押さえてほしい5つのポイント

頑張っているけれども、なかなか成果が出ない。

結果が出ない状態でお客様からNoをもらい続けると顔がどんどん曇っていきますよね。

結果が出ないのには理由があります。

それは結果が出る人が押さえている5つのポイントを外しているから。

逆にいうと、この5つのポイントをしっかりと押さえているかが分かれ道。

 

そのポイントとは次の5つです。

ポイント1:商品・サービスへの絶対的な自信

ポイント2:環境(会社)に対する絶対的な自信

ポイント3:自分に対する絶対的な自信

ポイント4:営業に対する絶対的な自信

ポイント5:お客様に対する絶対的な愛情

 

それではそれぞれ見ていきましょう。

ポイント1:商品・サービスへの絶対的な自信

商品に対する知識

その商品についてあらゆることを徹底的に知っていることが大事です。

スペック的なことはもちろんですが、商品の成り立ちやストーリーなど、ヒアリングしてください。

スペックはカタログを見ればわかります。

しかし、カタログから伝わらないナマの情報を知っていれば、それがお客様に熱として伝わります。

商品を使うことでお客様がどれだけ幸せになるか

実際にお客様が使ってどれだけ良かったか、その感想を聞いてください。

もしまだ自分で売れてなければ、アンケートや売れている人からヒアリングしてください。

自分が提供する商品でどれだけお客様が幸せになるかを知っていることが大事です。

もし幸せになることが確信として持っていれば、自信を持ってお客様に勧めることができるようになります。

商品に対しての情熱は常にフレッシュに保つ

人はどんどん慣れていきます。

慣れてしまうとパターンで売ろうとしてしまうので、情熱が弱まり、それはお客様に伝わってしまいます。

 

例えば、映画を観に行って感動したとします。

その感動を友人に伝えるとなると、フレッシュな気持ちでアツく伝えられますよね。

しかし、もし10回その映画を観てから、それを友人に伝えようとしても、初回ほどのフレッシュさはなくなっています。

 

情熱はどんどん冷めていきます。

だからこそ、初めてのときの感覚を意識的に持つことが大事です。

ポイント2:会社に対する絶対的な自信

自分が所属している会社に対して自信を持てているかが大事です。

会社のミッションやビジョンに共感できていますか?

上司や部下や同僚たちとのコミュニケーションは十分に取れていますか?

会社は一艘の船です。

例えば、麦わら海賊団のクルーがゴーイングメリー号に愛情を持っているように、一緒に航海する仲間や会社との間に信頼関係があるかが成約率に影響します。

ポイント3:自分に対する絶対的な自信

自分をどれだけ愛せているか。

自分という人間に絶対的に自信があるかです。

 

自分への自信、すなわちセルフイメージですね。

 

セルフイメージが低いと、人の目を気にしてしまいます。

その結果、「断られたらどうしよう。。。」といったマインドになってしまい、自信を持った提案ができなくなります。

 

セルフイメージは生まれ持った家庭環境に大きく左右されます。

また、成長過程でどれだけ成功体験を積んでいるかに影響を受けます。

 

もしあなたが上司の立場であり、セルフイメージが低い部下がいたとしたら、「お前なら大丈夫!」といった絶対的な安心感を与えてあげてください。

もし今セルフイメージが低かったとしても、無条件の愛情を与えられればセルフイメージは上がります。

 

もしくは小さな成功体験を積み上げることでセルフイメージは上がります。

ポイント4:営業に対する絶対的な自信

営業という仕事に対する自信

営業という仕事の素晴らしさに自信を持てているかが大事です。

営業という仕事をどう定義づけしているか。

 

例えば、営業は物を売る仕事と定義していればおそらく大した数字は出せないでしょう。

なぜならば、人は物を売りつけられるのが嫌いだからです。

 

しかし、営業を相手の問題を解決する仕事と定義していれば、お客様への接し方も変わってきます。

物を売るのではなく、価値を売るのです。

 

営業という仕事は、お客様の悩みを解決し、お客様とともに成長する素晴らしい仕事です。

営業のスキルを持っているか

最低限の営業のスキルを持っているかも大切です。

また、テクニック的なスキル以上に、営業は人間力が求められるので一朝一夕でできるようになるものではありません。

日々自分を磨いてこその職業です。

その日々の積み重ねが経験となり自信となります。

ポイント5:お客様に対する絶対的な愛情

これが最も大事なポイントです。

愛情を持って接していて、お客様がより良くなってほしいから物を売るのと、

物を売りたいのが前提で、お客様と接するのとでは全く違った行動を取りますよね。

 

前者だと無理なセールスはしませんし、お客様に本当に幸せになって欲しいので親身な提案をするでしょう。

後者の場合はセールスするのが前提なので、本当に意味のある提案ができないものです。

 

もし自分の営業スキルが拙かったとしても、本当の愛情があればちゃんとお客様に伝わります。

 

逆に愛情を持てないような人をお客様にしてはいけないのです。

まとめ

この記事では、「営業の極意。成果が出ない人が押さえるべき5つのポイント。」をご紹介しました。

正しいアプローチで努力をすれば必ず成果は出ます。

逆に、アプローチが間違っていると、努力に見合った成果がでません。

お客様へのお役立ちが営業の仕事の素晴らしいところです。

なかなか成果が出ないと思っている人は今回の記事をぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク








夢のティッピングポイント

大人たちそれぞれが日本の元気に!
夢をもってカッコよく生きることの提案。
マツモトダイスケが描く未来


コメントを残す