部下の見極め、上司の見極め。期間は三日と三年。




職場には色んな人がいますよね。

「この人すごいな~」って思う人もいれば、逆に「この人はイマイチだな~」って思う人もいたり。

初対面のときは全く真っ白の印象ですが、そこから時間が経つにつれて色んな印象を持つようになりますよね。

先日、人事の方とお話ししていたときに印象的だった言葉が「部下は上司を三日で見極める。上司が部下を見極めるには三年かかる」

マネージメントするうえで、確かに!って思いました。

今回はこの文章についてです。

部下は上司を三日で見極める

何日か一緒に仕事をすると、その人が仕事ができるのかできないのかって何となくわかりますよね。

リーダーシップを発揮する、計画性がある、面倒見がいい、細かい配慮ができる、仕事がもれやすい、時間にルーズなどなど。

長所も短所も含めて、何となく印象を持つようになります。

上司は部下のことを見ているつもりでも、部下はそれ以上にちゃんと上司のことを見ています。

「部下は上司を三日で見極める」

何事もはじめが肝心。最初のうちにできる上司と部下に思われれば、上司の言葉が部下に入りやすくなって、その後のマネージメントもスムーズに進みます。

逆に、できない上司だと部下から思われると、部下の心が開いていないので言葉が入りづらくなってしまいます。つまり舐められてしまいます。

役職とかは関係なく、その人が仕事ができるかどうかが見られています。

「勇将の下に弱卒無し」

優れた上司の下には、優れた部下がつきます。

自分よりも能力値の低い人間の下に率先してついていこうとする人間はいませんよね。

上司が部下を見極めるには三年

部下は早いタイミングで上司に対する印象を固めてしまいますが、同じように上司が部下を短期間で見極めるかとそういうわけでもありません。

なぜかと言うと、特に若い部下は成長していくからです。

最初の頃は仕事ができなかったとしても、本人の努力次第で大きく化ける可能性があります。

以前、宮大工の職人さんから弟子の話を聞きました。

その方によると、「下手に器用な子よりも、ちょっと不器用なぐらいの子のほうが伸びることが多い」のだそうです。

なぜかと言うと、下手に器用だと調子にのって努力を怠ることがあるけど、自分が不器用だと知っている子はその分努力できるからだそうです。

どれだけ伸びるかは本人次第。伸びしろですね。

その伸び代を判断するは、短期間ではなかなか難しくて、もう少し長いスパンが必要になります。

まとめ

今回は、上司と部下がそれぞれを見極める期間とマネージメントについてでした。

上司の日頃の行いや背中は部下がしっかり見ていますし、部下を育成するには根気と時間が必要ですよね。

スポンサードリンク








夢のティッピングポイント

大人たちそれぞれが日本の元気に!
夢をもってカッコよく生きることの提案。
マツモトダイスケが描く未来


コメントを残す