理想的な睡眠時間は5時間!?世界を代表する経営者の睡眠時間を徹底解剖!




この記事では、「理想的な睡眠時間は5時間!?世界を代表する経営者の睡眠時間を徹底解剖!」をご紹介します。

世界的な企業の経営者は何時間寝ているのでしょうか?

そういった企業の代表は、多忙ゆえに限られた時間を何よりも大事にしています。

時間感覚が優れた彼らが何時間の睡眠を取っているかがわかれば、私たちの睡眠時間にも参考になりそうですよね。

それでは、彼らの睡眠時間をのぞいてみましょう!

21人の優れた経営者の睡眠習慣

ホームアリーナ(英国のベッドやキッチンの直販メーカー)は、21人の成功した経営者の睡眠習慣をインフォグラフィックにまとめました。

注)インフォグラフィックとは情報を視覚的に表現した資料のこと。

睡眠習慣

ビル・ゲイツはすごくキレイな睡眠習慣ですね。

0時に就寝して、7時に起床しています。

逆に、ウィンストン・チャーチルは深夜の3時といったように割と遅くまで起きていたようです。

睡眠時間

5時間以上寝ているのが全体の86%。

6時間以上寝ているのが全体の54%。

日中は分刻みのスケジュールで動いているかもしれませんが、最低限必要な睡眠時間は確保しているようです。

就寝時間

一番多いグループはPM11時。

深夜までダラダラと仕事をするというよりも、日付が変わる前に寝ているんですね。

起床時間

一番多いグループはAM5時。

かなり早起きです。

 

プレジデント・オンラインの調べによると、「朝型」のほうが、「夜型」に比べて、年収が高く、貯金が多いという調査結果が示されています。

・年収が増えるにつれて、朝型である人の比率が上昇しているのがわかる。年収400万円未満では朝型人間が3割程度であるのに対し、年収900万円前後では5割近くが朝型。年収1400万円では6割以上が朝型という結果になった。

・朝型の人は夜型の人に比べて、平均的に「年収が高く、貯金も多い」のだ。

出典:なぜ年収1400万以上の6割が”朝型”なのか

早起きは成功者にとって大切な習慣ですね。

傾向性

睡眠時間に関しては、

  • 4時間~5時間:14%
  • 5時間~6時間:32%
  • 6時間~7時間:27%
  • 7時間~8時間:27%

全体的にばらついている印象です。

 

総務省統計局によれば、年齢別の睡眠時間は、男女ともに「45~49歳」が最も短いようです。

責任のある地位や役職につく歳であり、CEOともなるとどうしても睡眠時間が短くなりがちなのでしょう。

成功者も年齢や体質や人生のステージによって理想的な睡眠時間は違うようです。

 

成功者によって睡眠習慣はそれぞれですが、全体的に早寝早起きの傾向があります。

ダラダラと深夜まで起きているというよりも、日付が変わる前にベッドに入って、太陽が上る頃には起床して動きだしているようです。

まとめ

この記事では、「理想的な睡眠時間は5時間!?世界を代表する経営者の睡眠時間を徹底解剖!」をご紹介しました。

世界の代表的な経営者は最低でも5時間以上寝ている人が多いようです。

働き盛りということもあって睡眠時間が短くなっているんでしょう。

理想的な睡眠時間は人によって違いますが、少ない睡眠時間だったとしても高いパフォーマンスを発揮するためには早寝早起きが成功者の共通点です。

遅寝遅起きが生活習慣になっている人はまずは今日早く寝るところから始めてみましょう。

スポンサードリンク








夢のティッピングポイント

大人たちそれぞれが日本の元気に!
夢をもってカッコよく生きることの提案。
マツモトダイスケが描く未来


コメントを残す