すぐに転職する予定がないときこそ転職サイトに登録して活用する

パソコン作業
男のつぶやき
まだ転職するかわからないし、転職サイトに登録するのも今じゃなくていいかな~

「いざ転職だ!」とならないと、なかなか転職サイトに登録することもないと思います。けれども、すぐに転職する予定がなくても、まずは転職サイトに登録しておくだけでもやっておいたほうがいいです。

そこでこの記事では、転職サイトに登録しておいたほういい理由を、2,500人に働き方をコーチングしてキャリアの相談に乗ってきた観点から書きます。

転職サイトには色々ありますが、大手で求人数も多いリクナビNEXTに登録しておいたらいいでしょう。

転職サイトのコンテンツには各社でそこまで大きな差はないのと、たくさん登録すると同じようなメールがたくさん来てしまうので、とりあえず大手で1つ登録しておけば大丈夫です。

登録は5分ほどで簡単にできます。

この記事では、具体的には次の順番で紹介していきます。

  • 仕事に役立つオリジナルコンテンツを利用できる
  • 自分と会社の価値を知っておくと客観的に判断できる
  • 将来へのチャンスが広がる
  • いざ転職するとなったときにスムーズに動き出せる

6分くらいで読めますし、転職する可能性は誰にでもあるので、まずはご一読を!

仕事に役立つオリジナルコンテンツを利用できる

付箋

強みを診断するツールが使える

リクナビNEXTに登録すると、グッドポイント診断という自分の強みを診断してくれるサービスを受けられるようになります。

診断に必要な時間は15分~20分ほど。18種類の強みの中から自分の強みの5つを判定してくれます。無料ですが結構本格的に診断してもらえます。

グッドポイント診断でわかる強み一覧図

ちなみに私の診断結果は次のようになりました。

グッドポイント診断結果

自分の強みを活かした求人情報も出してくれるので、自分のキャリアを考えるきっかけにもなります。

質の高い仕事に関する記事が読める

仕事についての専門性の高い記事を読むことができます。

リクナビのコンテンツ

私が好きなのは、「プロ論」。第一線で活躍する有名人たちのプロフェッショナル論を読むことができます。

プロ論

記事として紹介されているのは、色んな業界のトップランナーの156人の皆さん。読み応えがあります。

プロゲーマーの梅原大吾さんの記事が特に面白かったですよ。

佐々木蔵之介さん(俳優) 水谷孝次さん 石丸幹二さん
村上もとかさん(漫画家) 鎌田實さん(医師・作家) 加藤隆生さん
山本寛斎さん 森公美子さん(歌手、女優) 森川亮さん
姜尚中さん(政治学者) 竹中平蔵さん カンニング竹山さん
奥山清行さん 船戸与一さん(作家) 岩佐大輝さん
松田公太さん 倉本聰さん(脚本家) 壇蜜さん
武田美保さん 岩崎夏海さん(作家) 近藤誠さん
ジミー大西さん(画家) 佐々木常夫さん 坪田信貴さん
石浦章一さん 白取春彦さん(作家) 中村俊裕さん
アレックス・ロビラさん 坂東眞理子さん 森岡毅さん
津川雅彦(マキノ雅彦)さん 徳岡邦夫さん 窪田良さん
橋田壽賀子さん(脚本家) 武田双雲さん(書道家) 北澤豪さん
茂木大輔さん 西田文郎さん 猪子寿之さん
西谷昇二さん 石田明さん 日野晃博さん
小宮一慶さん 山田俊亜さん 武井壮さん
稲川素子さん 大棟耕介さん 寺尾玄さん
林望さん(作家) 水野敬也さん(作家) 小日向文世さん
八嶋智人さん(俳優) ドン小西さん エリカ・アンギャルさん
茂木健一郎さん(脳科学者) 原正彦さん 上川隆也さん
村田修一さん 柳澤大輔さん 山井太さん
渡辺えりさん 沼亮潤さん 石黒浩さん
坂井宏行さん 西村雅彦さん 中野信子さん
マルク・レヴィさん(作家) 野佳路さん 石井光太さん
有馬頼底さん 村山由佳さん 西畠清順さん
高樹のぶ子さん(作家) 川佐和子さん 原晋さん
秋田豊さん 高野登さん 堤未果さん
佐藤賢一さん(作家) 雲充さん 岡田将生さん
谷村新司さん(音楽家) 上島竜兵さん ゴルゴ松本さん
小菅正夫さん 井戸潤さん 北村一輝さん
原田泰造さん 岩瀬大輔さん 出口治明さん
山本兼一さん(作家) 中仁さん 川淵三郎さん
伊武雅刀さん(俳優) ISSAさん 鎌田浩毅さん
桂才賀さん(落語家) 藤巻健史さん 道脇裕さん
キダ・タローさん(作曲家) 行定勲さん(映画監督) 小山昇さん
本田直之さん 中村友哉さん 樋口泰行さん
山崎達郎さん セルジオ越後さん 川村元気さん
宮嶋茂樹さん(報道カメラマン) 山田昭男さん 肥土伊知郎さん
三木聡さん 鈴木喬さん 小林弘幸さん
菊地政隆さん 林修さん 平幹二朗さん
宗次郎さん(オカリナ奏者) 尾形真理子さん 殿村美樹さん
広瀬隆さん(作家) 伊勢谷友介さん 酒井敏也さん
中江裕司さん(映画監督) 平本清さん 早乙女哲哉さん
玉村豊男さん(エッセイスト) 森下 一喜さん 南原竜樹さん
柳家喬太郎さん(落語家) 経沢香保子さん 岸見一郎さん
小倉久寛さん(俳優) 佐渡島庸平さん 久賀谷亮さん
苫米地英人さん 小室淑恵さん 三上延さん
是枝裕和さん(映画監督) 梅原大吾さん きむらゆういちさん
マギーさん 笠原将弘さん 野口 健さん
アレクサンダー・ゲルマンさん 新海誠さん 菅井敏之さん
筒井道隆さん(俳優) 大久保佳代子さん 水野和夫さん
吉岡順子さん 木村英智さん 宮川一朗太さん
村松孝尚さん 大平貴之さん 森本稀哲さん

自分と会社の価値を知っておく

喜ぶ男性

自分の強みと弱みを把握できる

就職活動のときは真剣に自己分析をしたと思いますが、社会人になるとなかなか自分の強みや弱みを落ち着いて考えることもないと思います。

グッドポイント診断を使って自分の強みを診断することができますし、履歴書や職務経歴書を書いてみるのもいいでしょう。

自分の強みや弱みを客観的にじっくり考えることができます。

今の会社と比較できる(今の会社の良い点がみつかる)

普通に働いていると、他の会社の給与や福利厚生などを知る機会はあまりないと思います。

転職サイトで求人情報を持ていると、今の自分のスキルだともっと好条件で働くところが見つかったり、逆に今の会社の良いところが見えてきたりします。

漠然とした不安や不満も、他社と比較することで解決されることがあります。

チャンスを広げられる

男性

自分が成長できる環境へのアンテナは張っておいたほうがいい

同じ環境に長いこといると、仕事がやりやすい反面、ついつい慣れや甘えがでてきたりしますよね。

それにもしかしたら、違う会社のほうが自分の能力を活かしたり、面白い仕事ができるかもしれません。

アンテナを張っておくことでチャンスを見逃さずにとらえることができます。

2019年3月8日時点だと、オリンピック特集の求人情報がありました。

求人特集

スカウト機能を使えば思わぬチャンスに出会えるかも?

求人情報のなかには、非公開求人になっているものもあります。そういった情報はスカウト機能を利用してオファーメールを受け取らないと応募することができません。

条件のいい求人情報には応募が殺到してしまい、全部に目を通すとなるとかなり大変。だから企業側からオファーを出すようにしているんですね。

もしかしたら憧れの企業からスカウトされるかもしれませんし、自分の可能性を広げるチャンスに出会える可能性があります。

いざ転職するとなったときにスムーズに動き出せる

ダッシュ

転職という選択肢を準備しておくと追い詰められたときも安心できる

仕事で大きなストレスを抱えたり精神的に追い詰められると、転職サイトに登録する元気すらなくなってしまいます。そのまま無理して働くと、どんどん負のループにはまってしまうことになりかねません。

普段から転職情報を見ていると「いざというときは転職できるんだ」という安心感になります。その安心感があれば究極的に追い詰められるという自体を避けられます。

また転職という安心材料があるおかでげ、今の仕事でも強気に発言することができたりします。

最初の一歩が踏み出しやすくなる

転職活動をしようと思いながらも、なかなか行動に移せずに時間だけが過ぎているということもあります。

動き出せば案外スムーズに進むものですが、最初の一歩を踏み出すのは意外と腰が重かったりするんですよね。

転職サイトに登録しておくとスカウトメールなども届くので、転職先の候補をスムーズに選ぶことができたします。

まとめ:転職サイトに登録しておくと視野が広がる

この記事では次のことを書きました。

  • 強みがわかるグッドポイント診断やプロ論などのオリジナルコンテンツを利用できる
  • 自分の強みや弱みを客観的に把握することができる
  • 他社と比較することで、今の会社の良い点と悪い点がわかる
  • 自分の能力を活かせたり面白そうな仕事の情報が入ってくる
  • 憧れの会社からスカウトされるかもしれない
  • 精神的に追い詰められると転職サイトに登録する元気すらなくなるかもしれない
  • いざというときにスムーズに転職活動を始めることができる

すぐに転職する予定がなくても、転職サイトに登録しておくと受けられるメリットは大きいです。

余裕があるときにとりあえず登録しておくのがオススメ。忙しかったり追い詰められたりしたからだと、登録するのも面倒になってしまいそうですよね。

仕事に不安や不満があるときはもちろん、仕事が順調なときや、すぐには転職する予定がなくて余裕があるときこそ転職サイトを活用してみてください。

登録は5分ほどで簡単にできます。

人気記事 圧倒的な自分の才能(強み)の見つけ方。

人気記事 転職すると年収は下がるのか?自分の価値を診断してみる。

 

 

スポンサーリンク