【5分でできる】寝る前に今日一日を振り返る習慣

男のつぶやき
何か毎日があっという間に過ぎていくな~

特に大人になると、一日があっという間に過ぎてしまって、気付いたら一年が経っていたっていうことってありますよね。

そういった場合は、一日の最後、寝る前に振り返りの習慣を持つことがオススメ。この記事では、一日を振り返る習慣について書きます。

具体的には次の順番にご紹介していきます。

  • 振り返りの時間を持つ
  • 振り返る内容をテンプレートにしておく
  • 振り返りをすることで日々の成長を実感する

6分くらいで読めますし、毎日があっという間に過ぎてしまうという人は、まずはご一読を!

一日一回じっくりと自分と向き合う

砂時計

朝早く起きて、仕事をして、夜遅く帰って眠る。一日のほとんどが仕事という人もいるのではないでしょうか。

一日のどこかのタイミングで時間を取って自分と向き合うということはとても重要です。

自分は将来どうなっていたくて、今何に取り組んでいて、現状をどう感じているのか。自分が何を目指しているのかを把握しておくことは、人生における灯台のようなものです。

時間を取らないで何となくで考えて過ごしていると、確かに進んではいるけれども、気付けば思わぬ方向に進んでいたといったことになりかねません。

「今の自分って、本当に以前の自分が望んでいた姿なんだっけ?」といった具合です。

そうならないためにも、寝る前などでも時間を取って今日の自分を振り返るといったことは大切なわけです。

振り返りのテンプレートを作る

チェックリスト

意気込んで振り返りを複雑なものにすると継続しづらいので、振り返りの内容をテンプレート化してリズムよく振り返りできるようにしておくのがオススメ。

五省

テンプレートの参考として、ここでは五省(ごせい)を紹介します。

旧大日本帝国海軍の海軍兵学校(現在は海上自衛隊幹部候補生学校)では、夜の自習時間の最後5分で、その日一日の自分の行動を五省によって振り返りをしていたそうです。

五省とは具体的に次のものです。

真心に反する点はなかったか?
至誠(しせい)に悖(もと)る勿(な)かりしか

言行不一致な点はなかったか?
言行(げんこう)に恥(は)づる勿(な)かりしか

精神力は十分であったか?
気力(きりょく)に缺(か)くる勿(な)かりしか

十分に努力したか?
努力(どりょく)に憾(うら)み勿(な)かりしか

最後まで十分に取り組んだか?
不精(ぶしょう)に亘(わた)る勿(な)かりしか

今も海上自衛隊幹部候補生学校の学生らは五省により自分を顧みているそうですし、戦後来日した米国海軍中将がこの「五省」に感銘を受け、アナポリス海軍兵学校に持ち帰り、英訳されて現在も教育に利用されているそうです。

五省の素晴らしいところは、人として極めて重要なことを振り返ることができるという点です。

真心に反していなかったか
言行に不一致な点はなかったか
精神力は十分であったか
十分に努力をしたか
最後まで手を抜かなかったか

今日一日を誠実に生きることができたかを振り返ることで、明日をより意義ある一日にしようと考えることに繋がっていきます。

この五省は、経営者の中でも人気のある振り返りの考え方なので、参考にしてみてください。

MY五省をつくる

五省を参考に自分ならではの振り返りのテンプレートを作ってみてください。

テンプレート化するメリットは、毎日同じことを振り返ることで、日々の変化を客観的に把握することができる点です。

「昨日はイマイチだったけど、今日はちゃんとできた」
「今日は十分に努力したとは言えないな~。反省して明日一日はしっかりと努力しよう」

毎日振り返りの内容を変えてもいいのですが、同じ内容で振り返ることで時系列で変化を追えるわけですね。

自分の大切にしている価値観や課題などを元に、自分なりのMY五省を作ってみてください。

あまり複雑なものにすると三日坊主になりかねないので、Yes or Noで答えられるような簡単なものにしておくのがオススメのです。

日々成長。昨日より今日、今日より明日

少年

忙しく生活をしているとあっという間に毎日が過ぎてしまいますが、一日一回振り返りの時間を設けることで、日々の成長を実感することができます。

また、人格を磨くことも一日でできることではありません。

五省などを利用することで毎日振り返り、少しずつ着実に磨いていくことで、10年後20年後には立派なオトナに少し近づけるんだと思います。

夢を掴むことというのは一気には出来ません。

小さなことを積み重ねることでいつの日か信じられないような力を出せるようになっていきます。

引用:イチロー

まとめ:

この記事では次のことを書きました。

  • 振り返りをすることで自分の現状を客観的に把握することができる
  • 振り返りの内容をテンプレートすることで省力化
  • テンプレートにすると時系列で自分の変化を把握できる
  • 五省を参考に、自分の大切な価値観や課題と照らし合わせてMY五省をつくる
  • 日々の成長を大切にすることで人格を着実に磨いていく

仕事などに追われると、毎日があっという間に過ぎてしまうことがあると思います。

そういった場合、振り返りの習慣を持つことで心を整えて明日を迎えることができるようになります。

五省は寝る前の5分で実行できるので、ぜひ参考にしてみてください。

人気記事 圧倒的な自分の才能(強み)の見つけ方。

人気記事 転職すると年収は下がるのか?自分の価値を診断してみる。

スポンサーリンク