チャンスを掴む人、逃す人。その差を分けるたった1つの違い。




「世の中にはチャンスがあふれている」。成功した人たちが好んで言いそうなセリフです。

実際に世の中にはチャンスはありますが、そのチャンスを掴んで登っていく人もいれば、チャンスを逃して仕舞う人がいます。

その差は一体何なんでしょうか?

今回はその差について深掘りします。

等価交換

早速ですが、私の好きな「鋼の錬金術師」という漫画からセリフを引用します。

人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない

何かを得るためには、それと同等の代価が必要になる

それが、錬金術における等価交換の原則だ

引用:鋼の錬金術師

シンプルなだけに奥が深い等価交換の法則。

等価交換とは、等しい価値を有するものを相互に交換するということ。

わかりやすく言うと、何かを交換する場合、お互いが同じ価値であると認識したときに交換が発生します。

例えば、お店で100円の値がついているミネラルウォーターを売っていたとします。お店としては90円だと安くて110円だとちょっと高いから、100円という価値をミネラルウォーターにつけています。

それに対してお客さんは、100円払ってでもそのミネラルウォーターが欲しいと思いました。

そのタイミングで、ミネラルウォーターと100円玉が双方で同じ価値(等価)と認識したため交換(購入)が成立します。天秤で釣り合った状態ですね。

モノであったり人が動くときであったり、購買活動やコミュニケーションが発生するときは等価交換の法則が成り立っています。

何を差し出すのか?

差し出すものの大きさで得られる対価の大きさも変わってきます。

例えば、東京大学に合格するという対価が欲しい場合、勉強するための時間をまずは差し出す必要があります。

一般的には東大に合格するためには3,000時間の勉強時間が必要と言われているので、青春時代の3,000時間を差し出すことになります。

3,000時間を差し出したからといって必ず合格できるものではありませんが、欲しい対価の大きさに応じて差し出すものも大きくなります。

大きな対価を望んでいるのに、差し出すものが小さいと理屈に合わないですよね。

チャンスを掴めるかはリスクをどれだけ取るかの差

イタリアの名門クラブのミランの10番を付けた本田選手のセリフを紹介します。

逆に質問したいのは、目の前に10番をつけるチャンスがあって違う番号を選びますか?って話ですよ。

僕はそのチャンスが目の前にあって、喜んで自分から要求しましたし、選ぶ時にプレッシャーのことは何も考えなかったです。

引用:本田のミラン入団会見&ミックスゾーンでの一問一答全文|サッカーキング

ミランで10番を付けるということは名誉であると同時に相当な責任がのしかかります。チームの支柱になるべき存在なので、チームが負けた場合の戦犯にもなりやすい番号。

その10番をサッカー後進国の日本の選手がミランに要求するのはかなりの勇気が必要だったんじゃないでしょうか。外野が言うのは簡単ですが、自分が付けることをイメージすると相当なものですよね。

無難に違う番号を付けることもできたでしょうが、リスクを取ったからこそ得られた10番です。

ストレスをかけてリスクを取りに行って得られる大きなリターン

のほほんと生きていて大きなチャンスを手に入れるということはありません。まぐれで一回ぐらいあったとしても、人生を通してチャンスに恵まれ続けることはないでしょう。

もしチャンスを掴みたければ積極的にリスクを取りに行くべきです。

例えば、新入社員が会議で発言するには勇気が必要だと思います。けれども、そういった場で発言する、リスクを取ることができれば、上司たちからも注目されて芽が出ることもあります。

リスクを取らずに発言をしなければ、ストレスはかからないかもしれませんが、チャンスを掴むことはありません。その場合、現状維持か発言しない人というネガティブな評価がつくことになります。

恋愛に関しても、ドキドキしながら告白というリスクを取ったからこそ芽が出る可能性が出てきますよね。

何事も、何かを得ようとした場合はリスクを取れるかどうかによります。

ただ、何でもかんでもリスクを取ればいいかというと、もちろんそうではありません。生命に関わることや他人に回復できないレベルの迷惑をかける場合はリスクは取るべきではないでしょう。

それ以外では、リスクを取ったほうが人生も楽しくドラマチックなものになります。

まとめ

今回は、チャンスを掴む人、逃す人、その差を分ける差として、リスクを取れるかどうかについてでした。

世の中は等価交換の法則が支配しています。大きな対価を得たければ大きな何かを差し出す必要があります。

差し出すリスクを取ったからといって必ず結果が伴うかというとそうではないでしょうが、リスクを取ったからこそ得られるものがあります。

何かに挑戦したいと思っているけれども勇気が出ないといった場合は、リスクを取ることを少し意識してみるとはじめの一歩が出ると思います。

スポンサードリンク








夢のティッピングポイント

大人たちそれぞれが日本の元気に!
夢をもってカッコよく生きることの提案。
マツモトダイスケが描く未来


コメントを残す