【目標設定が苦手な人へ】効果的な3つのコツ

目標を書く男性
男のつぶやき
目標は立てたほうがいいっていうけど、実際にどうやって立てたらいいのかわからない…何かコツってないのかな?
そういった疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事では、目標設定のコツについての疑問を解決するために書きます。

具体的には次の順番にご紹介していきます。

  • 目標は自分で決める
  • 目標は数字を入れて具体的にする
  • 目標はイメージしやすいように近くの期日に設定する

3分くらいで読めますし、目標をどのように設定したらいいか迷うことがある人は、まずはご一読を!

設定のコツ1:自分で決めた目標である

握手

主体的に取り組む

誰かに与えられた目標ではなく自分で決めた目標であることが大事です。

人から与えられた目標はやらされている感があるので、どうしてもモチベーションが上がりづらいですよね。

例えば中学受験にしても、親から「〇〇中学校に合格しよう!」といった目標を与えられた子供と、自分から「〇〇中学校に合格する!」といって目標を掲げた子供だと、後者のほうが受かりそうですよね。

目標設定は自分から決めたものであることが大切です。

目標を与えられた場合はどうする?

与えられた目標を言われるがまま追っていると、途中で「自分は何のために頑張っているんだろう??」といった疑問が湧いてしまうのはよくある話。

こういった疑問が湧いている時はイマイチ集中できていない状態なので、目標達成も難しくなってしまいます。

もし目標が与えられたものである場合は、主体的なものに解釈し直したほうが力強く目標を捉えることができます。

例えば、月の売上1,000万円という目標が渡されたとき、

・目標達成すると会社は新規事業に取り組むことができる
・営業のスキルを伸ばすことができる
・マーケットシェアの〇%を取れるので有利に進められる
・プラス評価でボーナスがアップする

など、自分なりに目標達成をする意味を設定したほうが目標に向けてパワフルに動けるようになります。

設定のコツ2:数字が入っていて具体的である

グラフ

数字のある目標はパワフル

漠然とした目標よりも数字を含んだ具体的な目標のほうが目標設定の効果が上がります。

数字のない目標だとパワフルに目標を追うことができなくなってしまいます。

例えば、陸上の走り高跳びを想像してみましょう。バー(目標)がない状態で、「とりあえず高く跳ぼう」と頑張ってもたいして高くは跳べません。2mというバー(目標)があるから、それを超えるように高く跳ぶことができます。

営業でも、「とりあえず売ろう!」というよりも、「月に1,000万円売ろう!」といったように数字を入れたほうが目標はパワフルになります。

数値がないと目標達成したかが判断できない

数値があるとパワフルに目標に向かって進めるわけですが、逆に数字がないと達成したかどうかの評価をすることができません。

例えば、「オフィスをキレイする」といった目標だと、キレイになったかどうかは人それぞれ評価が別れてしまって目標達成したか判断できません。「オフィスがキレイと感じる人を10人以上にする」といったように数字を入れることで、目標達成したかどうかが明確になります。

設定のコツ3:達成をイメージしやすい近い期日である

スケジュール帳

目標が遠すぎると現実味がなくなってしまって目標達成の確率が下がってしまいます。

目標が遠すぎると次のような弊害が出てしまいます。

  • まだ先だから大丈夫という変な安心感
  • とりあえず頑張った結果、途中で息切れしてしまう

もし、「一年後に東京大学に合格する」といった目標の場合、目標の期日と大きさを小さくすることがコツ。

例えば、「三ヶ月後の模試でC判定からB判定にランクアップする」といったように、マイルストーンを設けて目標を小さくするといった感じですね。

目標を小さく区切っていくことで、小刻みに達成感を味わうことができます。この達成感を味わうことで次の小さな目標まで「また頑張るぞ」と思えるようになります。

目標は小さく分けたほうが、多くの達成感を得られるので、やればやるほど、元気になる効果があります。

まとめ:

この記事では次のことを書きました。

  • 目標は自分で決める。与えられた目標の場合は主体的に解釈する。
  • 目標には数字を入れて具体性を持たせる。数字があるから評価ができる。
  • 目標の期日はイメージしやすいように短くする。

目標をちゃんと設定すれば、パワフルにモノゴトを進めることができて望んだ未来を早く手に入れることができます。

ぜひ一度今回の記事を参考に目標設定をしてみてください。

人気記事 圧倒的な自分の才能(強み)の見つけ方。

人気記事 転職すると年収は下がるのか?自分の価値を診断してみる。

スポンサーリンク