本を捨てるその前に。お宝本を見極めてお小遣いゲットをする方法!




この記事では、「本を捨てるその前に。お宝本を見極めてお小遣いをゲットする方法!」をご紹介します。

日々、本を購入していると部屋が本であふれてしまいます。

いつか本を処分する必要が出てきますが、捨てるつもりの本がもしかしたらお宝本かもしれません。

高額で売れるものであれば捨てるよりも売ってしまって新しい本を購入する費用にあてましょう。

本の断捨離

本は人生を豊かにする

本は知識や経験の宝庫です。

何かのジャンルに参入しようとする場合、まずはそのジャンルの本を多読すれば、そのジャンルの輪郭を把握することができます。

その輪郭があればその後の展開もかなりスピード感を持って進めることができます。

また、京セラの創業者の稲盛和夫さんのような方の本は考え方のエッセンスの宝庫です。

それが1,500円程度で手に入るのに読まないのはもったいない。

読書量と年収には相関関係があります。

もし自分の価値を高めたいのであれば読書の習慣を手に入れることは大切です。

そのためにあふれる本の山

私の場合、本代が月に3万円程度なので、そのまま置いておくと本棚があふれてしまします。

以前は本を捨てることがもったいなくて、本棚の隙間に押し込んだりと処分できずにいました。

しかし、本を貯め込むと部屋に圧迫感が出てしまい、気持ちもスッキリしません。

 

引越しで大量に本を処分したことがきっかけで、本を整理する習慣が身につきました。

人生のうちに何度も読み返す本は案外限られているものです。

処分する本、残す本の判断

手元に残すかどうかの判断はどうするか。

私の場合は、判断するタイミングで、新品でまたその本を購入したいかどうかで決めています。

 

エッセンスはメモに残しておきながら読むので、多くの本は読了後にまた開くことはありません。

どうしても必要になったとしたらまた購入すればいいのです。

その時、絶版になっていたとしても、最近ではkindleで読むことができますし、国立国会図書館に行けば実物を読むことができます。

処分する前のひと手間

定価の3倍で売れることも

捨てることが決まったら、そこからが今回紹介するひと手間です。

もしかしたら捨てようとしている本がお宝本の可能性があります。

もし高値で売れるものであったら売ってしまって次回の本の購入費にあてられたらいいですよね。

私の場合、先日捨てるつもりだった「最後に思わずYESと言わせる最強の交渉術」という本が今回紹介する方法で4,500円で売れました。

2003年に発売された定価1,200円の本です。

中古の相場価格を把握

それではその本が「お宝本」か「売値の低い本」なのかを判断する方法です。

iPhoneの無料アプリのAmacodeを使用します。

このアプリを使うと本のバーコードを読み取って中古相場を一瞬で把握することができます。

 

これでどんどん中古での販売価格を検索していきましょう。

古い本はタダ同然のものが多いと思いますが、もしかしたらお宝本を発見できるかもしれません。

 

需要のある専門書は割と高値で売れます。

「V-Ray ビジュアルリファレンス」というCGの本は、2013年に定価4,500円で購入して、今回3,500円で売れました。

高値で売れる本が見つかったら販売の手続き

メルカリに出品

ブックオフなどの専門業者よりもメルカリやヤフオクなどのほうが高値で売れます。

私の場合はメルカリに出品しています。

 

販売価格を決めるときのコツとしては、Amazonで中古価格を検索して、その中古価格よりも少し安めにすることです。

先ほどの、「最後に思わずYESと言わせる最強の交渉術」という本の場合は、Amazonでの中古価格の最安値が5,400円でした。

 

続いて、メルカリでの販売価格を調べます。

私が出品した時点でのメルカリでの最安値が4,900円でした。

 

出品してからダラダラと売れない期間が続くよりもすぐに売ってしまいたかったので、販売価格を4,500円に設定。

出品して1時間後には売れていました。

クリックポストで郵送

売れればあとは発送するだけです。

クリックポストは送料全国一律164円!

激安ですね。

注意するポイントとしては、本の厚さが3cmまでです。

分厚い本はクリックポストでは遅れないので注意してください。

高く売れそうもなければ沢山の本を一括で売却

お宝本の場合は手間をかけてメルカリなどで売ることをオススメしますが、ほとんどの本はそこまで高値にならないと思います。

そういった本をメルカリでコツコツ売っても手間がかかる割には収益化できません。

その場合は、ブックオフなどの宅配買取を利用するのがいいと思います。

 

お金は大事ですが、お金よりも大事なのは時間です。

小銭を稼ぐために時間を浪費してしまうことはやめましょう。

あくまでお宝本狙いです。

まとめ

この記事では、「本を捨てるその前に。お宝本を見極めてお小遣いをゲットする方法!」をご紹介しました。

読書は人生を豊かにしますが、読んだ本をそのまま放置すれば本棚を圧迫するのも事実。

新しい本を読むためには、読んだ本に感謝しつつ捨てることも大切です。

捨てる本の中にはもしかしたらお宝本が眠っているかもしれません。

捨てる前のひと手間をかけられる人は、今回の記事を参考にして次回の本の購入費を稼いでみてください。

スポンサードリンク








夢のティッピングポイント

大人たちそれぞれが日本の元気に!
夢をもってカッコよく生きることの提案。
マツモトダイスケが描く未来


コメントを残す