フィードバックは自分がどう感じたかを具体的に伝えると効果的

アドバイスをする上司

職場の同僚や部下にフィードバックする機会があると思います。

フィードバックするときに褒めることで相手のやる気を引き出すことができますが、相手の行動によってどう感じてどう変化したかを具体的に伝えると、効果的に相手の行動を改善することができます。

そこでこの記事では、フィードバックでの伝え方について書きます。

フィードバックはどう感じたかを具体的に伝える

フィードバックするときにはより具体的に伝えるのがポイントです。

  • 私はこんなふうに感じた
  • 私はこんなふうに考えさせられた
  • こういった点が助かった

といったように自分にどんな影響があったかを具体的に伝えるといいでしょう。

感じたことを具体的に伝えるメリット

もし客観的な分析が難しかったとしても、どう感じたかは真実であり、それを具体的に伝えることで相手にとって気付きがあります。

また、客観的なフィードバックをしようとした場合、伝え方によっては批判と捉えられてしまうことも。

相手のために言ったつもりが、上から指摘されたように感じられてしまって反発されてしまうことがあります。

どう感じたかを伝えることは、相手を批判したり、評価したり、正そうとしたりするわけではないので、一意見として相手に伝わりやすくなります。

まとめ

この記事では、フィードバックでの伝え方について書きした。

フィードバックは場合によっては相手に批判と取られてしまうことがあります。

どう感じたかは一意見なので、相手もすんなり受け入れやすなるんですね。

 

スポンサーリンク