あなたは褒め上手?相手の自己肯定感を上げる褒め方のコツ




人は誰でもされて嬉しいのが褒められること。

叱るよりも褒めたほうが人は育つという研究成果もあるほど。

褒めて伸ばすのか、叱り倒して厳しく育てるのか分かれるところですが、やっぱり褒められたいですよね。

誰だって叱られれば嫌な気持ちになりまし、「なにくそ!」と発憤してくれればいいのですが、やる気を失ってしまう人もいます。

今回は相手の自己肯定感を上げる褒め方のコツについてです。

ロサダライン

職場をポジティブな雰囲気にするために「2.901:1」という数字があります。

これはビジネスチームに成功をもたらすためには「メンバー間のポジティブな相互作用とネガティブな相互作用の比率」が、最低でも「2.901:1」でならなければならないというものです。

つまり職場における一つのネガティブな行動を打ち消すのに、最低でも三倍のポジティブな行動をぶつける必要があるというもの。

これは心理学者でありビジネスコンサルタントでもあるマルシャル・ロサダが発見した数字で、「ロサダライン」または「3:1の法則」と呼ばれています。

このラインを下回ると、チームの仕事ぶりは急速に落ち込みます。

3:1というのはあくまで最低ラインで、調査結果によると6:1くらいが理想だそうです。

叱ることも時には必要ですが、それ以上の割合で褒めることが重要。

叱るよりも3倍以上褒めることでポジティブな雰囲気が生まれます。

褒めることは人を幸せにすること

叱るよりも褒める割合を増やすと、ポジティブな人間関係を築けるわけですが、そもそもどうして褒めるかということです。

あらゆる仕事や人間関係は、何らかの形で誰かを幸せにするために行います。

だからこそ「人を幸せにする」という意識を持つメンバーで仕事に取り組めば、自然と仕事は良い方向に進んでいきます。

人を幸せにする方法の一つとして「褒める」という行動があるのではないでしょうか。

褒めることに意味がある

それではどうやって褒めるかについてです。

極論すると、褒め方はどのようであっても問題ありません。

まずは「褒める」か「褒めない」かの二択です。

「褒める」ことは簡単なようで実は意外とできていません。

心のなかで「すごいなぁ」と思っていても、照れくさくて結局言えてないことってないですか?

言葉にして伝えないと意味がありません。

褒められて嬉しくない人はいないので、考えすぎて褒めらていないのは勿体無いですよね。

褒めるときはオーバーに

海外の人は、身振り手振りも使って大げさなぐらいに感情を表現しますよね。

それに比べて日本人は感情を表に出すのがヘタな人が多いです。

無表情で声に抑揚がないまま褒めても、意味がないどころかちょっと怖い印象すら与えてしまいます。

「そんなに大げさに褒めたらわざとらしい」と思う人もいるかもしれませんが、大げさなぐらいが丁度いいものです。

アメリカで面白いデータがあって、「人にしてもらった親切な行動」と「人にしてあげた親切な行動」をどれだけの割合で覚えているかという調査が行われました。

人は「してもらったこと」よりも「してあげたこと」を35倍多く覚えている。

出典:ゆうメンタルクリニック

同じ行動を取ったとしても、自分が行った場合は他人が行った場合に比べて35倍も大きく評価するということです。

褒められると人は嬉しいですが、自分が思っているよりも大げさに褒めるぐらいが丁度いいわけです。

褒めるポイントがなければ未来を褒める

ただし職場や部下の中でも、褒めるポイントがなかなか見つからないといった人もいるんじゃないでしょうか?

褒める相手が、新人や職場に慣れてない人などは特にそうですよね。

そういった場合は無理やり褒めるんじゃなくて、自分自身がその人にどういうふうになってほしいのか「期待」をこめて褒めることがコツです。

例えば、仕事が速くなってほしい人には「あなたは絶対に仕事が速くなると思う!」といったように褒めてください。

このようなアプローチは心理学的にも有効です。

ピグマリオン効果

教育心理学における心理的行動の1つで、人間は期待された通りに成果を出す傾向があるというものです。

部下に「仕事が速い!」と言えば本当に仕事が速くなっていきます。

また、ピグマリオン効果には相手のモチベーションを上げる効果もあります。

期待されているモチベーションに加えて、偽りのない期待は、よりその期待に応えたいというモチベーションを引き出すことになります。

バーナム効果

誰にでも当てはまる様な曖昧かつ一般的な内容を「自分に当てはまる!」と捉えてしまう心理現象です。

例えば、
・ある程度幸せな人生を歩みたい。
・まあまあ、我慢強い方だと思う。
・なるべく人から嫌われたくない。
・基本的には社交的だけど、1人の時間も大切にしたい。
・自信が無い方だけど、やるときはやる。

割と自分にも当てはまると思いませんか?

それもそのはずで、これらはあなただけではなく多く人に当てはまる内容だからです。

人間は「あなたは○○だ!」と言われれば、なんとなく「そうかな?」と思ってしまう傾向があります。

「仕事が速いよね!」と言われれば、「仕事が速い」と思うようになります。

褒めることは自己肯定感を高める

褒めるということは何も技術的なことではありません。

「いいな!」と思うことを「いいな!」と表現することです。

相手に対して「いいなぁ」と思うことを、言葉と態度で表現すると、相手は自分を肯定的に受け止めることができるようになります。

そうすると、どんどん自信がついて、自分を好きになり、自己肯定感が高まっていくことに。

自己肯定感が高まると、自分の判断やあり方を心から信じ、失敗を恐れず障害を乗り越えることができるようになります。

まとめ

今回は相手の自己肯定感を上げる褒め方のコツについてでした。

人は誰でも叱られるよりも褒められたいもの。

そして褒めるというのは「いいな!」と思うことを「いいな!」と表現することです。

「いいな!」と思っていても伝えられていないのは勿体無い。

褒めるのが苦手な人も、まずは声に出して伝えてみるところから始めてみてください。

褒めることで良好な人間関係を作り、相手を幸せにすることができます。

スポンサードリンク








夢のティッピングポイント

大人たちそれぞれが日本の元気に!
夢をもってカッコよく生きることの提案。
マツモトダイスケが描く未来


コメントを残す